昨日(24日)は定休日だったのですが、会社の電話工事立ち合いで出勤しました。

電話工事は、会社で使っている固定電話の番号を社員のスマホに転送して受信するだけでなく、スマホから発信しても会社の固定電話番号で発信させられる仕組みと、トラブル案件での録音機能の充実を図ることを目的にしたものです。

簡単に言うと各スタッフのスマホを会社の固定電話の子機として内線したり外線出来る仕組みなのですが、実現されれば本格的なテレワークに対応できると期待してます。



人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入り順位の確認ができます。ぜひお願い致します!


ホントは月曜日の始業前に工事が終わる予定だったのですが、大変だったようで会社が休みの日にやり直すことになって14時から担当さんが2人来て工事開始となりました。

自分は、午前中から出社して3月3日のセミナー資料作成に取り掛かっていたので、休みが潰れた感は無かったのですが、2時間もあればスマホアプリの説明まで終わるとの話だったのに17時過ぎても終わる気配がありません。

自分は会社の1階で資料作成に没頭していたのですが、作業の担当さんは2階から降りて来ないので電話やネットの大元の機械の前で苦戦しているのでしょう。


0225気にせず26日(金)が締め切りの資料作成に専念。
1時間物なので、短いのですが、新ネタをたくさん入れたので良い感じに仕上がったと思ってます。

ピリピリした雰囲気の中での苦情対応は、ピリピリの連鎖を生むのですが、そんな中で自分の日常業務やプライベートから見つけ出した発見が、当ブログには詰まっています。

日記ブログでも振り返ると発見するものがあるものです。






と、作業している担当さんの事を忘れるくらい集中してPCに向かっていたところ19時になって担当さんが自分のところに来ました。


担当 「スミマセン ちょっと手こずってまして、先にスマホアプリのインストールをしようと思います」

クマ 「もう7時過ぎちゃったんだ・・・大丈夫なの?」

担当 「はい・・・ 多分終わると思います」


IMG_0696と、怪しい返事をしながら自分のスマホに言われるがままにアプリをインストールしてパソコンの方にもコントロールするシステムを入れていたのですが、何かやたらと自信なさげに指導してくれます。

担当 「あれ? おかしいですね・・・ 自分のマニュアルとバージョンが違うのかな?」

担当さん複雑な作業を繰り返していますが、自分がみるとやり方間違って何度もやり直しているように感じます。



クマ 「こんな複雑なの? これじゃ他のスタッフに教える自信ないよ・・・」

担当 「ですよね・・・ このマニュアル通りにやれば出来ると思うんですけど」

クマ 「こんな分厚いマニュアルじゃなくて噛み砕いてわかるように教えてくれればいいですから」

担当 「はい・・・ いろいろスミマセン」

クマ 「このまま続けるってのはお互い大変だから、日を改めて操作指導に来て下さいよ」

担当 「申し訳ないです・・・ 電話の方は完璧に前と同じ状態に使えますのでテレワーク関係の設定だけ来週の月曜日に訪問させて頂きます」


クマ 「マニュアル見て初めて試すんじゃなくて自分で使えるようになってから教えないとダメだよね」

最大限の嫌味を言ったつもりですが、多分いろんな製品を扱っているうちの一つなのか最新すぎて追いつかないのか、普段やったこと無いのかだと思いプロの仕事じゃないと感じました。

ただ、今回の担当さん二人は礼儀正しい対応で真面目に頑張ったと思いますし、なによりセミナー資料の作成が捗ってスッキリ感があってご機嫌だったので強く怒りをぶつけず、「次はよろしくね」的な緩い対応をした感じです

さんざん待たされて何も出来なかったと言う状態だったら「無駄な時間を返せ!」と激怒するお客さんもいる事でしょう・・・

やはり、人が怒る時ってのは理屈よりも感情なのでしょうね。



ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense