コロナ禍でのトラブル対応について語って

との依頼で3月3日のセミナーで語らせて頂くのですが、自分的には騒音トラブルの増加が一番なのかと思ってますが、何と言うか昔からある話で自分的に目新しく無いので、新ネタとして「ネット回線が遅い」と言う苦情対応の話を盛り込みました。


人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入り順位の確認ができます。ぜひお願い致します!


かなり地域や建物で個別性が高いとも思いましたが、たぶん管理会社のスタッフとしては電話が来ると身構えてしまう苦手な分野かと思います。

例えば、東日本地域では15年くらい前にNTTさんがフレッツ光を建物に配信しだして、ほぼ独占状態な感じになっていて、今ではその線を使ってコラボと言う形でソフトバンクだとかdocomo等々の通信会社が乗り入れている感じです。

スマホ料金の割引があるとか、各社でサービスしているのは良い事だと思いますが、問題なのが「光ファイバーなのに回線が遅いので、単独の高速回線を引きたい」との依頼がある場合です。

単独線を引けるのであれば苦労しませんが、既存の配線管に余裕が無いと露出配線となって美観を損ねたり、全体の統一性や他の入居者さんとの不公平感等いろいろ建物によって対応が分かれたりします。

回線が遅くなる理由にもいろいろあるのですが、1回目の緊急事態宣言の際には同じ建物で容量の大きなデータをやりとりしている人が増えたと言う理由が結構あったように思いました。

また、賃貸物件の共用部までは光ファイバーで部屋の中は電話回線(VDSL)を使っていることでの配信なども速度が落ちる原因だったりします。

他にも、個人で使用している室内のWi-Fiルーターやケーブル、PCに問題があったりと大きく分けると上記の3点が焙り出されてくる感じです。

そのことに管理会社のスタッフの苦手意識での説明不足もミックスされていると感じます。

通信会社は、下り最大 2Gbps とか 100Mbps等の最大値での売り込みをしますが、そもそも言葉が意味不明と言ったところから始まって、詳しいスタッフにバトンタッチしてやり過ごしてしまうなんて人も多いのでしょう。
 
ギガ メガ キロは数字の単位で1Gbps は1000Mbps 1M は 1000Kbps 
bps(ビーピーエス)は bit per second 1秒に何ビット転送できるかを表している言葉です。

そこら辺の対応方法を今回のセミナーで語らせて頂きますが、省略して対応の要点を書くと

仝酋契瀏の改善ができるか確認



現況設備の改善が出来ない場合の対処

に分かれます。

このネット回線問題に限らず、騒音や不良入居者問題等、管理会社の対応には限界があるものなのですが、限界の場合の姿勢についてもテクニック的な対処法がある訳で、このブログから拾い出した話以外にもまとめさせて頂いてます。


IMG_0726昨日は我が家のネット環境を見直すためにWi-Fiルーターを交換してみました。

通信会社名は書きませんが2Gbpsが売りの戸建てタイプで速度を測ると100Mbps程度は出ているのでオンラインゲームをしている三男(高1)以外は不満に感じていません。







IMG-0704Wi-Fiでは無くLAN配線直接なら500Mbps以上出たりするので、もしかしてルーター変えたら早くなるの?との興味から通信会社へ連絡しました。
自分、今回のセミナーの為に専門の方にいろいろ聞いてみたのですが、Wi-Fiだと古い規格に限界があるだけでなく、直接LANで繋いでいても速度に波があるとのこと。

その遅い波が来た時に遅延が起きるのではとのことでした。




まぁ そこら辺はどうにもできない部分なのかと思いますけど・・・


昨日交換したWi-Fiルーターは、6年ほど継続使用していることで無償交換となった感じですが、

IEEE802.11n と言う 最大通信速度 600Mbps の旧型から

IEEE802.11ac と言う 最大通速度  6.9Gbps タイプへの交換。


これで、不満はなくなるだろう。


クマ 「どうだ、10倍速いのに変えたからメチャクチャ早くなったか?」

三男 「いや、全く変化ない」

クマ 「たまに遅くなるって言うからWi-Fiの機械を変えれば改善するか試したんだけど不満言うのはお前だけだったから」

三男 「もしかしたらゲーム相手の環境が悪かっただけかもね」



確かに速度を測ってみると、100Mbps程度だったのが200Mbps超えたくらいにはなっていましたが、規格の違いから想像していた10倍とかには全然なってません・・・


三男は高校の友達と家族が寝る時間になった頃からリビングのテレビでオンラインゲームしてるのです。

自分などは全くついていけませんが、参加している友達と通話しながらリアルな画像のゲームをするなんてのは相当な回線速度が必要なのでしょう。

チームで撃ち合いするゲームなのですが、親が夜10時には各自の部屋に引っ込んでしまうことを良い事に遊んでる感じなので何時までやっているのか知りません。

成績が悪くなったらWi-Fiのパスワード変えると脅すのが最強の交渉カードになりそうです


ちょっとバタバタで急いで書いたので、しばらくしたらわかりやすいまとめ編を書かせて頂きますね。




ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense