そんな毎日毎日変なことがある訳じゃないですから・・・

と、ブログを毎日書いていることについて聞かれて答えることがあるのですが、うちくらいの程度(管理戸数1400室+自主管理大家さんからの相談系)でも社内で流れている報告メールを読むと物のトラブルから人のトラブルまで結構な物語が流れているものなのです。



人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入り順位の確認ができます。ぜひお願い致します!


一昔前の少人数だった頃は物のトラブル系でも多く出動していましたが、最近はスタッフが成長してくれたお陰で死んじゃった系とか、謎解き系くらいしか現地へ行かなくなった感じがしてます。


その分、売買案件や相続系案件に力をいれさせて頂いているので良い循環になったと考えていますが、売買や相続系の対応も感情労働的にはハードな部分があるものです。



a70b7471どっちが良いとか言うつもり無いですが、今のところ管理系のトラブル対処は、物的トラブルでは人手が無い時の緊急対応程度であとは、人的トラブルの重たいのだけが選別されて回ってくる感じなのでしょう・・・

緊急出動系に関しても、休日当番の月を免除してくれたので、出動が減っていますが、ブログネタのために人手が足りない時には活躍させてもらおうとは思ってます。







そんな感じで、人的トラブルの重たいのが直撃することがある自分ですが、これがまた通常の騒音対応などは、管理課だけでなく営業課でも対処してくれていますので、一次フィルターの段階で解決できて何よりなのですが、昨日はフィルター突端な案件が直撃しました。

某木造管理物件に住む入居者さんからの深刻な相談で、身の危険を感じてストレスが凄いので退去を決めたとのこと・・・

ここから先、ボカシて書かせて頂きますが、今回は人的トラブルの中でもトップクラスに面倒な状態で、話が通じなくなってしまった相手とのトラブル案件です。

過去の体験では入居者さんや近隣住民が話が通じない状態になったことがあるのですが、今回は更に変化球のパターン・・・

一般的には加齢により進行するのかと思いますが、被害妄想的な思い込みが強くなり、口頭だけの主張から物理的な行動に移行・・・


過去の事例の結末は身内の方か行政の方に対応して頂いて納まった感じですので、今回もそう言う系の対処を進めていこうと調整中です。



次から次へと課題が出され過ぎですね




ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense