年内の仕事最終日の昨日。

自主管理物件に居住しているのに毎月当社に家賃を持ってくるAさん(70代後半男性)が社会福祉協議会の職員さん2名と一緒に来店されました。

自分とAさんは、7年前のボヤ騒ぎからのお付き合いなのですが、当時は出火&汚部屋のダブルパンチでの対応でいろいろ関わりました。

更に遡ると、20年くらい前に当社で仲介して自主管理大家さんの物件に住まれたのですが、2年に1度の更新手続で家財保険に加入されていることもあり、仲介した責任みたいな感じで関わっている状態です。




人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!



そんなお付き合いのAさんは、視力が衰えて近くを見るのがやっとな状態になっていて交通事故に遭いそうな感じに思えたので去年の12月に自分が行政に通報をしたのですが、当時はそんな状態でも行政が把握していない高齢者でした。

まぁ そう言うプライベートな部分に関しては元々関わるものでは無いのですが、毎月のお家賃を保証会社の口座振替で対応出来なくて、コンビニ払いの手続きをコンビニのレジで焦りながらするのが嫌とのことで年金支給日に当社に来店することが続いていた状態です。



保証会社にしてみれば滞納者の扱いなのかと思いますが、必ず年金受給日に滞納が解消される状態で保証会社もそれが普通になっちゃっている様子です。


で、昨日はAさんと社会福祉協議会の職員さんを交えて賃料の支払いと今後の事を話し合う感じでした。

職員 「お世話になっております、お家賃の支払いをさせて頂きます」

クマ 「ご苦労様です。 Aさんまだ白内障の手術してないんですね?」

職員 「いや、最近やっと病院行ってくれて内臓系は問題ないとわかりまして目の方は手術を来年早々にやる気になった感じです」

Aさん 「内臓の方は健康だって言うんだから、90歳まで生きられると思うんだけど目の方はどんどん悪くなるんだよな」

クマ 「そうですよ、Aさんの年代の方は皆さん手術されてますから普通の話しなんだと思いますよ」

職員 「で、いつも2カ月に1度の家賃支払いで迷惑掛けているので1カ月多く家賃を支払う形にしようと思ったんです」

クマ 「それなら、銀行口座に残高があれば口座振替される訳なので毎月家賃以上の残高を口座に入れておいてくれれば良いんですよ」

職員 「えっ いつもお家賃以上の残高が口座にありますけど何で引き落されないんでしょう?」



Aさんの以前の説明では、お酒やタバコにお金が消えて行くから貯金は無いとのお話でしたし、年金で生活するのがやっとだとの話も聞いています。

クマ 「残高があれば保証会社からコンビニ払いの請求書なんて来ませんからAさん使っちゃったんでしょ?」

Aさん 「そうだな、目が見えなくなってからは出かけなくなったけど、お金なんて貯まってないだろうね」

職員 「いやいや、今回のお家賃引き出しに付き合った際に確認してますけど、家賃だったら20回分は余裕で払えますね」


Aさんには通帳の残高が見えなかったようで、数年前から支払いよりも年金収入の方が上回って貯金が出来ている状態でした。

こうなると不思議なのは、なぜ保証会社がなぜコンビニ払いの請求書を送ってくるかです。

保証会社の担当部署に電話して確認したところ、2017年にAさんの要望で口座引き落としを止めてコンビニ払いにしていたとのこと・・・

クマ 「4年前にAさんの指示で口座振替やめちゃったって言ってますけど記憶あります?」

Aさん 「あるよ、あの時はお金無かったから勝手に引き落とされたら生活費が無くなると思ってお願いしたんだよ」


結局のところ、保証会社に口座振替を復活する手続きをして、Aさんの家賃持参払いは終了しました。

クマ 「2カ月に一度の苦労がなくなって良かったですね」

Aさん 「そうだったのか、俺に貯金があるって誰も教えてくれないからわからなかったよ」

職員 「てっきり銀行の残高ご存じなのかと思ってましたが、知らなかったんですね」

Aさん 「銀行でお金おろす時には全部行員にやってもらってるんだけど、いちいち残高読み上げてくれないからな」

クマ 「まぁ良かった、あとは目の手術と最近寒いから健康管理に気をつけて生活して下さいよ」


Aさん 「そうだ、こないだお宅に取り付けてもらったエアコン全然温まらないぞ」

10月下旬にAさんの住むアパートの大家さんからの依頼でAさんが冬を乗り切るために管理課W君が担当して当社でエアコンを設置したのですが、当然ながら新品ですので壊れるとも思えません。


職員 「Aさんリモコンの文字が見えないんじゃ無いの? アパート帰ったら私が見ておきますよ」

Aさん 「いや、リモコン持ってきたから」


IMG_3933と、言ってポケットからリモコンを取り出し普段やっている動作を再現してくれました。

Aさん 「この赤いところが暖房だってのはわかるんだ」

職員 「赤いところの下のボタン押してるからダメなのよ」

Aさん 「え? 下のボタン押してるのか・・・」






エアコンの方はリモコンの使い方を社会福祉協議会の担当さんが部屋に行って確認しながら教えてくれることになりました。

そう言えば、10年前にも別の高齢入居者のリモコン操作で苦労した話を書いたことがありましたが、年配の方にはAmazon  Echoとかをキッチリ設定して声で家電を動かせるようにした方が良いのかも知れません。

技術の進化に期待すると同時に、人のサポートの安心感も絶対に必要な部分なのでしょうね。


ホント福祉系のお仕事をされている皆様に感謝です。



さて、本日は冬期休暇初日です。

家の机の片づけを先週終えたのですが、今度は押し入れの中もやるように言われてしまいました。


何か凄くパワーが必要な感じなので二日酔いの頭には厳しいです・・・





ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense