昨日(18日)は、土地とマンションに買付が入り、更に店舗物件を取り壊して定期借地で30年借りたいとの話が別々の2社からあると言う特異な日でした。

重なる時には重なるってのは仕事をしている上で良くある出来事と思っていますが、それぞれ簡単では無い条件が付いているので一気に頭使うモード突入です・・・




人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!


こう言う話を具体的に書ければ自分的にはスッキリするのですが、交渉ごとの中身をそれぞれの売主さんや地主さんと交渉する訳なのでブログの方が早いとか出来ないものです。


土地の案件は指値と隣地となる売主さんへの継続的条件が飲めるか?

マンション案件は指値は無いのですが、じっくり説明のいる交渉があること。

店舗の方は現在の所有者さんの次の次の世代まで含めた30年間の縛りをどう捉えるか?


と、言ったくらいまでしか書けないのですが、我慢ですね。


特に事業用定期借地30年に関しては20歳のお孫さんが期間満了時50歳になっている話なので慎重に対応が必要なので次世代に引き継ぐ仕組みが大切だと実感しています。

6年前に手掛けた事業用定期借地の30年物案件の際には「自分はその頃70代です」とか書いていましたが、もし今回この案件を手掛けるとしたら80代半ばとなりますので、現役では無いと思いますし、この世にいない可能性も高そうです・・・


次世代の方へ承継するしっかりとした仕組みが必須条件ですし、管理会社として関わり続けられる会社の継続性も必要となります。


まぁ とりあえず目の前のことを頑張らないといけませんね




fd6f5db9さて、本日は定休日なのですが、会社のエアコン洗浄作業の立ち合いで出社中。

いつもの腕利き水道業者さんにお願いしていますので午前中には終わると思うのですが、作業中は資料作成の時間にしたいと思っています。


と、言うことで本日も頑張ります!






ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense