運とか流れとか目に見えない何かがある。

と、自分は最近そう言う方面のことを良く考えます。

入居者さんやオーナーさんだけでなく会社のスタッフや自分にも当てはまります。


人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。
更新の励みになりますので1日1回で良いのでよろしくお願い致します!


PXL_20221230_020100544原因があるから結果があるとは、多くはその通りなのでしょう。

ただ、それだけでは無い理不尽さや偶然的な出来事と言うのは、原因自体が無いような気もするし、前世からの因縁だとか言われれば、信じてしまうような気分になるものです。






相変わらずブログで表現出来ないことがあるものですが、自分から見たら「何で拘っているのだろう?」的な不思議さや、小さな話に思えるのに「絶対に許さない」と言った怒りの感情の強さに驚くばかりです。

「くだらないこと気にするなよ」 「無かったことにしてあげればいいんだよ」と、親しい友達や家族であれば言ってしまうのですが、「正しいのは自分なのだから絶対に譲らない」と言う「必勝モード」の考えに取りつかれているのでしょう。

そう言うことを繰り返しているのが世の中・・・

仕事をしている中で感情的な部分の対応に関しては、他人様の考えや価値観を変えようとするから苦労する。

今まではそんな苦労の仕方をしてきました。

いろいろ主張してくる相手の気持ちになって考えて見ると言う過程が自分には多かったのでしょう。

ある意味、相手の立場を尊重する社交辞令的対応が問題解決を遅らせていた気がします。

こう言う感情労働的苦痛から抜け出す一歩として、実験的に 「えっ 自分ならそんなふうに考えませんよ」の宣言をする人になって見ようかと思います。



他人様の考えを変えて解決を探るより、自分の考えを変えて、「そっちの方が断然お得」的な主張をするタイプにチェンジしてダメなら引き受け方も変わることでしょう。


長年この仕事をやっていますが、小さな話(と自分が思った)の中で何が正しいとかを優先で戦っていると無駄になる時間が多いと感じているので、違う方面での解決テクニックが無いか探ってみます。


わかりにくい話でスミマセンが、こう言う部分のストレスを溜めないようにするってのは大きな課題であると考えていますので、ちょっと変わったことがしたくなりましたよ。



ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense