平成35年は令和5年。

3を指で隠せば良いだけなので、実にわかりやすいものです。

昭和・平成・令和とミックスされて更に西暦との比較もあるので、自分は普段年数の換算場面ではスマホの年齢換算アプリを使って確認していますが、令和の時代は(018)で、西暦の下2桁から18年引くと令和に換算出来るそうで、逆に令和の年数に18を足せば西暦になるそうです。

そんなのは昭和の時代にも25を足し引きする計算式がありましたが、平成まで混じると実に面倒な感じになりますね・・・


人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。
更新の励みになりますので1日1回で良いのでよろしくお願い致します!


昨日は当社で一括借上げをしているアパートの合意更新予告期限が2月末で切れていることを発見してしまいました

平成と令和のミックスで時期を間違えたと言うのは実に初歩的なミスになりますが、この物件に関しては単純に忘れていたと言う感じでもあるのでしょう。

賃貸管理ソフトで更新管理している通常の物件は、更新担当に数ヶ月前からアラート表示が出るのですが、この借上げ物件は独特の契約形態で更新担当が代々会社の責任者となっていて今回自分が忘れてスルーしてしまった感じです

これがもし解約しようとか考えている物件だったらかなりマズイことになった訳ですが、幸いにも物件所有者さんと良好な関係で当社の収支も問題無い物件でしたので、即、物件所有者さん宅を訪問して契約の巻き直しをしてきました。

今度から営業課N課長にやってもらおうと思い同行してもらいましたが、相変わらず良くしゃべる雑談上手で場が和んで助かります

オーナーさん宅からの帰り道、市内で新しく道路が出来る予定のエリアを探検してきました。

PXL_20230312_071127750N課長 「このジャリ道を抜けると新しい道路に行けそう」

クマ 「この道は細いしジャリだから通った事無かったな」


新しい道は、駅から一直線の計画道路で、かなりの区間の舗装が終わっているのですが、行き止まりとなっているので車は通行していません。







PXL_20230312_071230538見事にジャリ道から新しい道路の舗装された区域まで抜けられる事がわかりました。

クマ 「すごい近道なんだけど、舗装してないから嫌だな」

N課長 「まぁ 舗装したら抜け道で使われるからしないんだろうね」








都市計画上の道路予定地を見ると、ジャリ道では無い場所に道路が出来る予定でした。

うちの近所は駅から離れていない場所に手付かずのエリアがあるのですが、そう遠くない時期に道路が開通すると思います。

現在は原則として建物を建てられない市街化調整区域の指定なのですが、立派な道路が開通することもあり、永久的に市街化調整区域のままであるとは思えません。

そのエリアには、昨日アパートの借上げ契約を更新したオーナーさんも含めて農地として土地を所有されている当社管理物件のオーナーさんが多数いらっしゃいますので、将来的に都市計画の変更があるとか楽しみに期待したいところです。


・・・



PXL_20230312_143203739さて、昨日自分の手元に特定行政書士の徽章(バッジ)が届きました。
通常の行政書士バッチより2ミリほど直径が大きくなって幅も1ミリ増しているとのこと。

自分、バッジに関してはドキドキするので付けろと規則で決められている場面以外では付けませんが、将来的に専念できるようになったら付けようと思います・・・





何か最近、車の納車準備の関係で直径とか幅と聞くとタイヤのサイズを思い浮かべてしまいます。

ジムニーはカスタムする人が多いのですが、一番最初に付いている標準タイヤをいきなりインチアップで交換してしまうってのは勿体ない気がするので、しばらくは標準のタイヤで乗ろうと思っています。

ちなみに納車は3月22日(水)となりましたので結局のところ、注文して1年1か月でしたので、早い方なのかも知れませんね。


楽しみです。




ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense