賃貸管理クレーム日記

2005年より続いている賃貸管理担当者による日記です。 賃貸管理の他に売買、相続案件の対処等々いろいろ経験中。 人間ドラマ連続のブログ記事には同じような状況の方も多くいらっしゃることでしょう。 日記の枠を超えた考えさせられる物語を毎日更新でお届けしています。

修理関係

修理屋さん?




昨日(11日)は千葉の実家へ行って来ました。


6a6d3cd52家で勉強していると言いながらダラダラしていた三男(高3)も連れていったのですが、一昔前のように実家へ行くイコールどこかに遊びに行くなんてイベントは無し・・・

そう言う点では体力的に楽になった訳ですが、ちょっと寂しさを感じます。

午後から行ったので、オヤツ食べながら話をして夜ご飯を食べに行って終わりな短時間滞在でした。




人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。
更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!


実家では、相変わらず修理系の依頼が出てくるもので、今回は昨年の11月に購入したプリンターが不調でした。


46026c10スマホで撮影した写真をWi-Fi経由でプリンタから出力するところまではバッチリ出来るようになっているのですが、何やらプリンタの写真専用用紙を給紙する部品の調子が悪い様子です。

今時のプリンタは、何が悪いとか画面にアドバイスが表示されて、改善するための手順を教えてくれるのですが、何をやってもダメ・・・






父 「説明書見ると写真用紙がくっついて機械に引き込まれない場合があるって言うから1枚ずつバラシてみたりするんだけど、たまに大丈夫で大体ダメなんだ」

クマ 「なんだろ? 壊れてるなら全部ダメだと思うけど変な現象だね」

プリンターの給紙部品は特別複雑な仕組みではなさそうなのでいろいろチャレンジしてみましたがダメ。

メーカーさんの故障対応の窓口がチャット対応出来ると書いてあったのですが祭日は休み・・・

チャットで受け付けてくれる仕組みは自分的には良い仕組みだと思いますが、親の世代には厳しいと思いますので更に現物をいじってチャレンジしていたところ結果的にコツを見つけた感じになりました。

父 「なるほど、画面に出てくるアドバイスに従わないで完了ボタンを押せばいいんだ」

クマ 「いや、偶然なのかも知れないし新品なのにコツが必要ってのは変だからメーカーに修理してもらった方がいいな」

父 「じゃぁ買った店に持ち込んで直してもらってくるよ」


大体、機械物はメーカー保証が切れた頃に壊れると言う特性があるので少しでも怪しければ保証期間内に指摘するのが良いのでしょう。

早くわかって良かったです。

そして、もう1つの修理依頼はトイレの洗浄便座が作動しなくなったとの依頼。

8e7af992うちの実家、築56年のURさんの団地なのですが、元々のトイレの設計が小さかったようで便器も今となっては小さなものが付いています。

階段の上り下りが出来なくなるだろうと2年前に5階から2階の部屋に引越してもらったのですが、5階の部屋のトイレには腰掛便器の使い方シールが貼ってありましたので歴史を感じます。








5f642cdaそんなコンパクトサイズの便器に使える洗浄便座選びが大変でしたが、寸法的にギリギリ使える製品を見つけて自分が設置したのですが、2年の使用で便座部分の取り付けが緩んで奥へ押されたことで洗浄機能ノズルが出てこなくなった感じです。

簡単に言うと「便座の締付けが緩んで位置がズレたのを直せば良い」と言うことなのですが、こう言うの高齢者に電話で説明するのは困難です。





クマ 「ボルトとナットで締付ける仕組みになってるから緩んだら位置を戻して締付ければいいんだよ」


見えない部分に手を入れてネジを回す感じで締付けるのですが、この便器の場合のコツは便器ギリギリに便座を載せることと、ノズルが出てくる部分の位置を奥にしすぎないことです。

一応、写真撮影してボルトとナットの位置を見せて直し方の説明をして来ましたが、15年前のブログネタにわかりやすいのがありました。


まぁ 単純に締付ける方法まではOKかと思いますが、微妙な調整は難しいかも知れません。

こう言う系の物理的対応が伴う高齢者サポートも需要が伸びる分野なのでしょう。



さて、本日も夏季休暇です。

今日はブログの過去ネタから書籍第3弾で使えそうなネタ探しをしようと思います。



ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



地中漏水?




IMG_6523昨日の午前中、市水道部の職員さんによる自宅訪問がありました。

「漏水調査をしているので、水道メーターを確認させて頂いて宜しいでしょうか?」

水道局さんの検針と違い市役所の身分証明書を持っている方でしたが、怪しいセールスと勘違いされないようにしているのでしょう。






人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。
更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!


f6e75bbb自宅の水道メーターはカーポート部分にあるのですが、去年の秋にボックス部分が車重で陥没したので、鋼鉄製の頑丈なタイプに交換しました。
以後、陥没は止まったのですが、それ以前の時期には結構良くない状態が続いていたと思われます。
今回は、地域全体を確認しているとのことでしたが、水道部の職員さんにその旨を伝えてじっくり検査してもらいました。





これが、また突然の訪問だったので写真撮影出来ませんでしたが、職員さんは水道メーターに手のひらサイズのセンサーのような機械を載せて漏水の有無を確認していました。

クマ 「何ですかその機械は?」

職員 「これは、漏水を確認するセンサーなんですけど、音聴棒で確認しますので」

クマ 「いや、その赤外線体温計みたいな機械は初めて見ましたけど」

職員 「漏水調査の機械ですよ、音聴棒で確認しましたけど漏水していませんのでご安心ください」



自分は、普段水道屋さんが使っている音聴棒より、初めて見たセンサーに興味があったのですが、なぜか話をそらされました。


まぁ 漏水していないとは思っていましたが、水道局さんの事前調査が道路の陥没や水資源の無駄を無くすために役立っているのでしょうね。


IMG_6503その後は、都内へ移動して管理会社仲間とランチミーティング。

健全に昼飲みさせて頂きましたが、またしても禁酒記録リセット。

有意義な話が出来て良かったです^^








そして、夕方には解散して電車で帰宅中に、テナント物件のオーナーさんよりメールが入りました。

「現在、募集停止中の店舗の敷地に車が止まっていますが、何か作業していますか?」

IMG_6525と、言う内容で駐車車両の写真付きメールだったのですが、作業などしていないので、敷地入り口にあるゲートを開いて無断駐車している車と推定されます。

「今、都内から自宅に戻っているので、帰りに確認して不法侵入なら警察に通報しておきます」

と、返信。



家帰ったら無断駐車車両の後ろに車を置いて出られなくして警察呼ぼうと思っていたのですが、よくよく考えてみたら、アルコール摂取していたので自分が捕まっちゃう状態でした

アルコールが判断能力に影響があると言う現実を再認識・・・



仕方なく、最寄り駅に到着してから物件まで徒歩で直行。

普段、5km走っているので2km程度歩くのは全然平気になりました。


午後6時頃に現場到着したのですが、既に駐車車両はいませんでした。

一応、空き店舗の内部が荒らされていないか確認しましたが、単純に無断駐車だったかと思われます。


IMG_6518が・・・

敷地の片隅に水溜りがあるのを発見。

地中漏水じゃないだろうな?

と、軽い気持ちで水溜まりを眺めると風も無いのに水面が揺れています。






最悪・・・

すぐに給水栓を閉めようと水道メーター確認をしたところきちんと止水されていました。

考えてみれば空きテナントですので、水の動きは無いはずです。

元飲食店だったので、水道メーターが別系統であるのかも?

と、思って探してみましたが、全く見当たりません。

これは、水道業者さんを呼ぶしか無いと思って再度水溜まりを眺めていたところ・・・


IMG_6507水面が揺れていたので地下から水が出ていると思いこんでいましたが、水溜まりの反対側をよく見たら隣接地の古貸家から細い水の線があることを発見しました。

給湯管のピンホールです。

多分、貸家の入居者さんは気が付いていないのでしょう。



とりあえず、当社の管理物件では無いので入居者さんに知らせて完了。




と、思ったらご不在でした。


IMG_6517水道代が大変なことになるでしょうから給水栓を止水。

これだけだと帰宅された際に慌てて騒ぎになるかも知れないので、すぐ並びにあるこの貸家の大家さん宅に飛込み訪問。

晩御飯の時間帯だったのですが、一緒に現地へ確認しに来て頂きバトンタッチ出来ました。







管理物件の地中漏水で無くて良かったのですが、ドキドキする定休日となりました



さて、本日木曜日も定休日なのですが、このあと売買案件の解体見積もりの立ち合いに行ってきます。




ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



感覚の違い・・・




IMG_61336月3日に発生した、うちの近所の雹(ひょう)害ですが、10日経過した後でも新たな被害報告が上がってきます。

基本的に建物関係は大家さん側の火災保険で対象になることが多いのですが、保険内容によっては工事代金が20万円以上で無いと対象にならない等、オチが付いていることもあるので注意が必要です。





人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。
更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!


ホント保険に関してはケースバイケースな部分があるので、一概には書けないものですが昨日は20年以上お付き合いさせて頂いてる保険代理店Bさんが来店してくれたので、いろいろ聞いてみました。


クマ 「今回の雹害、何年か前の台風の時みたく忙しくて写真判定だけな感じになるかな?」

Bさん 「今回の被害地域に保険会社が依頼した鑑定人が集まってるので、ちゃんとやると思いますよ」

クマ 「え〜  あんまり細かいこと言わないで欲しいけど保険会社も大変なんだろうね・・・」

Bさん 「いや、こう言う時の保険なんで当然申請できるものはして下さいよ」

クマ 「修理屋さんも忙しいから見積もり頼むと時間掛かるって言われるし、うちの管理担当も結構な時間掛けて対応してるんでホント災難な感じ」


Bさん 「火災保険もそこそこ大変だけど、車両保険の方がパンク状態で鑑定人が地方から集められて応援がすごいみたいですよ」

実は社有アパートの火災保険や社用車に関しては全てBさんにお任せな感じなのですが、我が家の奥さんの車に関してはネットの保険会社を使っているので、今回雹でボコボコになった話はしていませんでした。


ちなみに、車屋さんからの見積金額は107万円・・・

IMG_6150Bさん 「結構行きましたね・・・」

クマ 「凹みが多くて屋根直すのが特に難しいって」

Bさん 「古い車の人なんか時価額より被害額が大きくてハンパな補償になって修理しないで売却する人とかいますけどね」

クマ 「まぁ 自分はパッと見て気が付かないくらいの凹みだから修理代聞いて驚いちゃった」




保険屋さんの立場では変なアドバイスは出来ないものですが、車の被害が大きい場合は保険金を受け取って売却する人が結構いるとのことでした。

で・・・

夜、家に帰ってから今後どうするかの話になりました。


こちらの件は、奥さん的にはかなりショックだったらしくて、早くも買換えシミュレーション発動。


クマ 「事故で走れなくなった訳でも無いし、俺が見たら全然気が付かないキレイさだから保険金もらって乗り続ければいいんだよ」

奥さん 「〇〇さん(車屋さんの営業)に聞いたんだけど、今回の件で買取査定は大幅に下がるけど売るって決めたなら早い方が良いって言ってた」

クマ 「車屋さんは商売なんだから新しい車に買い換えた方がいいって言うよ・・・」


奥さん 「そう言えば、パパの注文してたジムニーいつ来るの?」

クマ 「ジムニーシエラは来年の6月とか言われたから、あと1年くらいかな・・・」

奥さん 「そんな先?  今の売って通勤に使おうかと思うんだけど小さいから燃費良いんでしょ?」

クマ 「いや、小さいけど骨格がしっかりして重たいから燃費は街中だとリッター10kmくらいかと思う」


奥さん 「えっ そんな車なの・・・ ハイブリットの半分以下って今時じゃないからキャンセルして違うの買えばいいのに」


ちょうどガソリン代の値上がりが止まらないニュースが流れている最中で余計に気まずい状態になりましたが、ガソリン価格もリッター200円とか行く感じなのでしょう・・・


自動車の車両保険に関しては修理するしないに関わらず保険会社の認めた金額が損害金として振込まれてくるはずですが、自分的にはパッと見で気が付かないレベルの凹みなんだから直さないで損害金を我慢料だと思って普通に乗っていれば良いと思うのです。

が、こう言う場面で感覚の違いを主張しあうのは紛争の元なので円満に解決したいところです・・・



どうなりますかね



ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



保険使える?




金曜日に降った雹(ひょう)ですが、やはり昨日土曜日にも追加の被害報告が多数ありました。


hyou 1全部で10件超えていますが、多かった被害連絡は貸家のベランダの屋根の波板破損で、次いで雨樋(あまどい)の破損。
あとは自転車置場の屋根の被害に関してでした。

今のところ、入居者さんから連絡してくれた受け身対応ですが、恐らくアパートやマンションの共用部分の場合は壊れても連絡して来ない感じかと思うので件数が増えて行く感じでしょうね・・・





人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。
更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!


我が家の自家用車(奥さん用)に関しても自分が見ると大したこと無い被害ですが、奥さん的には結構な被害とのことで、さっそく車屋さんの担当営業さんに修理見積もりを取る方向で相談したそうです。

車屋さんの話だと、今回の雹害での相談が多すぎて対応がパンク状態なのだそうで、保険会社さんと対応について調整しているみたいです。

奥さんが保険会社さんに確認したところ、うちの場合は入っている車両保険で対応できるとのことでしたが、免責5万円のコースなのと、次回1等級下がっての保険料となるとの事でした。


ちなみに建物系の雹害は火災保険で補償される場合が多いのですが、自分、過去に保険の出る出ないで苦労してきたので簡単にブログで書くのは自主規制しています。

大家さん加入の火災保険でも入居者さん加入の修理費用保険でも雹災は対象になっていることが多いのですが、それぞれ個別に加入している保険会社さんに確認するのが一番ですし、漠然と質問する場合と具体的に確認する場合で答えが違ってくるとかありますので、ホント用心が必要な対応だと思っています。


まぁ 保険が出る出ないに関わらず直すものは直すと言うのが結論になりますので入居者さんのことや建物の維持管理の側面で対応する考えが大前提になるのでしょうね。


と、昔の保険絡みの嫌な出来事を思い出してしまいましたが、現在は保険会社さん(同じ会社の別担当さんですが)とは大変良い関係でお付き合いをさせて頂いておりますので、味方に付けるべきパートナーであると自覚してます。


・・・


さて、本日はこの後、新宿でセミナーしてくる予定です。

終わってからセミナー会場の近くに住んでる自分の弟夫婦と、社会人になって都内で1人暮らししている二男と食事してくる予定になっています。

一応、禁酒宣言してから3週間1滴も飲んでいないのですが、ノンアルコールで我慢できるのか試練の食事会になりそうです




ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
あやちゃん先生と対談させて頂きました。
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社 統括部長

(保有資格)
行政書士 
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
公認 不動産コンサルティングマスター
宅地建物取引士
賃貸不動産経営管理士
管理業務主任者試験合格(未更新)
上級相続支援コンサルタント
相続対策専門士
2級FP技能士・AFP
第四級アマチュア無線技士
第三級陸上特殊無線技士
第二種電気工事士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載
平成30年2月「帰ってきた 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
連絡先
kumakiri324@gmail.com