賃貸管理クレーム日記

賃貸管理担当者による日記です。 不動産コンサル会社に転職後もいろんな出来事に遭遇してます。

賃貸系クレーム

一つ終わると・・・

IMG_18752011年よりこのブログに登場している我が家のペットであるシルバー文鳥のピヨ

1日の半分以上を巣の中で過ごしています。
巣は3個あるのですが、夜寝る巣が一番奥の巣で、朝の家族がバタバタしている時間は右側のリビングが見渡せる巣にいて、誰もいなくなる昼間には左の手前の巣で昼寝してます。




IMG_1853周りが囲まれていて落ち着く場所が好きなのかと思いますが、場所を決める基準を聞いてみたいものです。

年末に巣の入替えをするのですが、4個にして反応を楽しんでみる予定です。






人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!

しばらく前から大変な思いをしていた孤独死案件ですが、昨日で借主側とのやり取りに関して完了しました。

後は貸し出しに向けてのリフォームへの着手と募集活動に専念と言った感じです。

お互いに相反する主張が有る中、揉めないように吊り合ったのは良かったですが、たぶん貸主側も借主側も納得できるものでは無く、お互いが妥協した気分であるとの思いが伝わってきます。

特に管理系の仕事は、終わらせないと永久に引きずるような案件もある訳ですから「区切りを付けられた」事は、何よりの話しなのでしょう。

「良かったですね」という言葉が1度も出てこないってのが嫌な感じですが、突然の災難的な出来事の後なのだから喜べる訳ありませんね・・・


後は、リフォームと募集なので自分の方はここまでの役割で、スタッフに頑張ってもらうつもりです。

で、この案件が終わったと思ったら次の課題が出されてしまいました。

これも具体的に書けない系なのですが、内容的には今まで取り掛かってきた案件が、銀行さんからの物言いで簡単では無くなってしまった感じです。

日曜日に家族会議開いてもらい判断してもらい答えが出ますが、胃が痛いです


現実問題、こんな感じで白黒つけないといけないとか、解決しないといけない案件が他にもありますので、この際まとめて着手して年内にスッキリしようかと思ってます。

そう考えると実質的に動ける時間が2週間程度ですので忙しくなる訳ですよね。


さて、本日は昨日に引き続いて求人募集の会社と打ち合わせします。

何か実務と違って知らない事が多いのですが、結構なお値段で広告する大手の募集会社の仕組みがどんなものか話を聞いてます。

6週間で30万円とか普通の話なのか疑問ですが、ハローワークに募集出すだけで決まっていた時代が羨ましいものです。

いろいろありますね。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



裏側の世界

滞納者=悪者

と、考えるのは間違ってはいない話だと思いますが、滞納者全員が悪いのかと考えると少し言い過ぎかも知れません。

離婚した相手から養育費的に家賃を払ってもらう約束だったのに守られなくて数ヶ月溜まって督促されて追い出されるとか、真面目な保証人が借主本人に嘘をつかれて滞納金立替が限界に来てお手上げになってから督促されるとか、考えてみれば自分にも微妙な事の経験がたくさんありました。

ですが、滞納者の側からの視点と言うのは経験した事が無かったです。


人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!


IMG_1662昨日の夜は「賃貸管理オタク達が飲んでる時の話が面白いから録画したい」とのリクエストで銀座の撮影できるお店まで行って飲んできました。
メンバーはジオネットワークの新井社長司法書士あやちゃん先生、ハウスメイトの伊部尚子さんと自分の4人。



6月に飲んだ時にも盛り上がりましたが重たい系からお笑い系まで数多くのネタを持っているオタク4人で、あっと言う間の3時間でした。


あやちゃん先生は、滞納者と戦うだけでなく社会的弱者の側に立った解決法を指南したり困りごとの相談に乗ったりと立派な活躍をされています。

自分の方は「そっちの側」の気持ちになったりすると辛くなるので、滞納者側のドラマ的な深い話には近寄らないようにしていました。

何とも考えさせられる経験を聞かせてもらった訳ですが、同じ世界を違う視点から見るってのは有意義なことなのだと感心しましたよ。

あやちゃん先生、2月にシングルマザーや高齢者などの社会的に弱い人達のことをレポートしてまとめた書籍を出版するそうでそちらも楽しみです。

ホント頑張ってる人の活躍は刺激になるものです。

4人の賃貸管理オタク・・・

ネタが多すぎて大変な感じですが、多分ジョイントセミナーとかやる日が来ることでしょう。


さて、本日は午前中に告別式に参加して夜は屋形船乗りに都内へ行ってきますのでちょっとバタバタです。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



揉める直前で・・・

IMG_1637 1管理&売買がミックスな感じで仕事していると、何かしらの引っ掛かる事が出てくるものです。

引っ掛かかる前に気がつけば問題にならなかったと後になって思いますが、気がつかないってのは経験が足りないのか運命みたいな部分なのでしょう・・・


人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!


それでも、引っ掛かりながら改善していく「出たとこ勝負」な対応と言うのもあるもので、失敗したと悔やむより「そう言うものだと最初から思っていれば」気が楽になるのかも知れません。

自分が現在対応している中で適度に負荷が掛かっているの案件の一つに孤独死案件の対応があります。

貸主側にも借主側(保証人兼相続人)にも言いたいことがあり、管理会社である自分は「揉めてしまったら管理会社では対応できないので弁護士先生紹介します」と当初から言っている事で、当事者同士が変な関係になってしまったものです。

「長年世話になったのだから、揉めたりすることは故人としても不本意だと思います」と、亡くなった借主のお兄様(70代)は言ってるし、貸主さん(80代男性)は「不幸な出来事についてはお悔やみ申し上げますし非難するつもりもありません」と言ってます。

でも、お互い負担する原状回復の金額に納得できないのです。

そんな状態で話が進まないところで、残置物撤去・特殊清掃等に係る費用の請求約50万円が当社に来てしまったので、自分の会社も当事者になってしまいました。

大急ぎで残置物を撤去しないと臭いと虫の苦情が原因で他の入居者が退去する可能性があるとの自分の判断で業者発注したものなのですが、今となってはリスクが高い事をした気がします。

で、昨日までが、貸主側が提示する借主が負担すべき金額の最終回答日でした。

貸主 「いろいろ考えましたけど、前回より〇〇万円の減額で納得して頂くように交渉して下さい」

クマ 「多分、その金額じゃ納得されないと思います。あと、自分は交渉ではなく連絡するだけの立場なので、ご遺族側から反発されたら裁判所で調停とかしてもらう感じになりますよ」

貸主 「わかったけどさ、少しでも多く払ってもらいたいって考えちゃうんだよ」

クマ 「そうですね、ご遺族側も同じように払う額を少なくしたいって考えますよね」

貸主 「これで納得してくれなかったら裁判とか言うけど弁護士費用とか払いたくないよ」

クマ 「本人訴訟とか調停で弁護士さん入れなければ実費だけですよ」

貸主 「そうかも知れないけどさ、裁判所なんて行きたくないから丸くおさめて下さいよ」

クマ 「うちも、業者さんから請求書届いてますから早く解決したいので、丸くおさめて欲しいですよ」

貸主 「その費用は遺族側が負担するべきものだからねぇ 私に言われても」


クマ 「わかりましたよ、このあと電話して伝えます」


正直言うと、貸主側の提示額はご遺族側が負担しても良いと言っている金額よりかなり多い額です。

電話で済ませようとせず面と向かって話をした方が良いと思うので、ご遺族側の都合を聞こうと電話してみました。

クマ 「もしもし、例のリフォーム費用の大家さん側の回答が出たのでご説明に伺いたいのですが、明日なんていかがですかね?」

お兄様 「もう決まっていると言うなら電話で教えて頂けますか?」

クマ 「大家さんの考えている借主側にご負担頂きたい金額は〇〇〇万円です」

お兄様 「そうですか・・・ これが大家さんからの最終返答ですね?」

クマ 「はい、いろいろ悩んだ末に出てきた結論です」

お兄様 「もう、こんな後ろ向きな話を続けるのは良く無いと思ってますし、あなたにも苦労かけて申し訳なく思ってます」


クマ 「ありがとうございます、自分も早く解決して欲しいと思っていますし、業者さんから残置物撤去と消毒費用の請求が来て当社が立て替えないといけない状態なんです」

お兄様 「わかりました、これ以上迷惑掛けるのは弟の本意で無いと思いますので書面で送って頂ければ振込しますからわざわざ3時間かけて家まで来なくていいですよ」



何とも、ありがたいことに了解して頂けたようです。

最終的に振込があるまで安心できませんが、終わりが見えたかと思います。

あとは、貸主側にフルリフォームをして頂いて、告知しても賃料が下がらないくらい魅力ある物件に仕上げる事で完全完了なのでしょう。

こんな案件で得するなんて事は無い訳ですが、お金の面だけで言えば保険でカバーするのが一番なのかと思ってます。

いろんな保険が増えてきましたが、うちの自社物件は家賃保証+修繕費用保証の大家の味方でカバーしてます


ホントいろいろある仕事ですね。



ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



大丈夫かな・・・

「話が噛み合わない」

と、言う事が多くなってきた場合に考えられる事としては

1.自分の説明が不十分だった。

2.相手の解釈が不十分だった。

3.自分の説明が間違っていた。

4.相手の解釈が間違っていた。


なのかと思います。

当然ながら、自分自身の説明で誤解を与えてしまったり、間違いがある事に気が付いたのであれば、ご理解頂けるように説明をしなおしたり、訂正する必要がある訳です。



人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!


自分の側に問題があれば訂正や仕切り直しをする機会を頂く事で話を噛み合わせることができると思うのですが、相手側の問題の中には単純ではない場合のこともあるのです。

特に高齢の方が相手だと、話が進まなくなったり途中でひっくり返ったりする現象が起きてしまい、実に危険な状態になります。

簡単に言えば、判断能力が怪しいという事です。

ただ、今まで普通に対応して来た歴史があるのと、地主や大家さんとしての当事者である訳ですので例え変な事を言い出されたとしても、真面目に受け取ってしまうものです。

「うちのお父さんの言う事は話半分で聞いて下さい」

なんて家族の方に言われればわかりやすいと思いますが、「もしかして認知症?」と、疑うような境目の時期には混乱があるのでしょう。

親しい人が相手でも単刀直入に「認知症大丈夫ですか?」と聞く訳には行かず、口頭で済むような事でも文書にして渡したり工夫が必要になってきます。

ビジネス上の問題であれば大抵がお金の話しなので記録に残す事で明確にできると思いますが、突然怒り出したり、泣き出したりするパターンの場合には、ご本人さんとの対応からご家族との対応に切り替えする事を考えないといけません。

本格的に問題になってしまった事も過去に経験がありますが、どのくらいまでが大丈夫なのかの判断なんて簡単にはできませんね。


スミマセン・・・

本当はいろいろ書きたいところですが、表現が実に難しい問題ですので、ほどほどにしておきます。



実は、自分数日前から風邪ひいてます。

ひき始めにパブロンゴールドをの飲み続けて風邪だと認めない姿勢を通してきたので、数年に1度くらいしか本格的な風邪にはならなかったと思うのですが、今回は結構な感じです・・・

IMG_1641遠い昔に上司から「パブロンゴールドが一番だ」と聞いた事で信じ込んでいたのですが、もっと効き目がある薬を求めてドラッグストアに行ってみました。

そうしましたら、エスタックイブファインと言う薬が売っていて店頭の宣伝モニターで繰り返し素晴らしさを説明していました。





パブロンゴールドが130錠、エスタックイブファインが12錠で同じほぼ同じ金額・・・

10倍以上の効き目があるのだと確信して購入。

これがまた実に効き目があったようで、一晩明けてすごく楽になりましたよ。


詳しい事はわかりませんが、やっぱり金額には理由があるのでしょう。


と、言う事で本日も頑張ります!


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
ご自由にどうぞ
このブログはリンクフリーです。
許可無くリンクしちゃって下さい。
引き続き相互リンクも受付しておりますのでよろしくお願いします。
↓相互リンク歓迎↓
コメントにてお申込下さい。
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社 統括部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
不動産コンサルティングマスター
相続対策専門士
宅地建物取引士
管理業務主任者
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載
平成30年2月「帰ってきた 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
連絡先
kumakiri324@gmail.com