賃貸管理クレーム日記

2005年より続いている賃貸管理担当者による日記です。 賃貸管理の他に売買、相続案件の対処等々いろいろ経験中。 人間ドラマ連続のブログ記事には同じような状況の方も多くいらっしゃることでしょう。 日記の枠を超えた考えさせられる物語を毎日更新でお届けしています。

賃貸系クレーム

振り出しに戻る




2日前に、ブログに書いた入居者Aさんの自殺宣言騒動ですが、警察が出動して保護されたとのことだったので一時的には安心しました。

が、問題はその後に部屋に戻ってくる訳なので、管理会社としては部屋に住んでいる以上は関わらないといけないのです・・・




人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!


その後の関わり方についてなのですが、賃貸トラブルと捉えれば管理会社として逃げられない案件、メンタルを壊しかけている高齢者の対応と考えれば、普段行政経由で専門知識を持ったケースワーカーさんが入っていることもあるので、行政の担当さんと協力して対応するべきと思っています。

他の入居者さんへの影響や、オーナーさんの財産を守る点で考えれば、退去してもらう方向で進める対象なのですが、正直言って管理会社的感覚で「次に問題を起こしたら契約解除する」とか伝えて本当に自殺されても困りますし、警察の話では「冷静になった」と言っていたので様子見をするしか無いのでしょう。


そんな感じで考えていた定休日、休日出勤していたスタッフから自分に連絡がありました。


IMG_4135会社の電話はナンバーディスプレイになっているので、Aさんからの電話があったとわかるのですが、全社員が今回の騒動を知っているので気になったのでしょう。

「またAさんが何か伝えようと思ってるのでは・・・」

この場合、どう言う対応をとるのが正しいのか?








恐らく、Aさんに電話した場合は、軽ければ話し相手、重ければ「死んじゃう騒動」を再発してくれる可能性があるのでしょう。

「定休日だってAさんも知ってるんだし反応しなくていいよ」

とは言ってみたものの、気になります。

市役所のAさん担当に電話してみました。

クマ 「先日はお疲れ様でした、Aさん警察に保護された後、どうなったかと思いまして電話しました」

担当 「それが今朝、騒がせて悪かったとAさんから電話がありまして落ち着いている様子でした」

クマ 「そうでしたか、実は休日出勤しているスタッフからAさんの着信があったって言うんで心配になりまして」

担当 「ありがとうございます、多分ですけどお酒飲んで泥酔していたらしくて、お巡りさんが来てからは大人しくなったみたいです」

クマ 「Aさん警察のお世話にはなりたくないってタイプの人なので冷静になったんでしょうね」



数年前、自分が騒音トラブルの対処窓口をしていた際には「若い頃に警察に何度も世話になった」が自慢話的口癖な感じで、「問題を起こして警察の世話になるのだけは嫌だ」と言ってました。

若い頃武闘派だったとは言え、70代となった今は普通のおじいさんに見えるだけなので何かトラブルがあったら警察を頼るように言っていますが、何度か民事不介入的な結論があり、「やっぱり警察は冷たい」と言うイメージを持っていることは確かです。


と、言うことを考えてみたところ、今後の無難な対処方法として

トラブル発生→市役所の担当さんに連絡→ダメなら警察に通報

と、言う形で対応することにしました。

一番は、退去してもらうことが解決策なので、今までの迷惑行為が契約解除条項に該当している線で保護費の出ている市役所さんと打合せしようと思っています。

担当さんの話では理屈的には対応可能らしいのですが、行先があるかの問題が大きいので簡単ではなさそうです。

元々隣接している部屋の音が過剰に気になるのが発端なので上下左右に部屋が無い物件となると戸建てになります。

が、今住んでいるRCマンションより寒くなるでしょうし、何より基準に合う安い賃料の物件を探すとなると困難だと思います。


老後に住める家がない・・・

そんな状態になっていますので、しばらくお付き合いが続くのでしょう。



さて、本日は夕方から相続案件の打ち合わせで神奈川県まで行ってきます。





ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



重い・・・




うちの管理課には女性スタッフが2名います。

基本的に男性スタッフは外回りすることが多いので、女性は内勤みたいな感じになり、管理課での仕事は更新や解約などの事務処理と不具合や苦情受付を電話でするコールセンター的な役割を担っています。



人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!



ホント自分としては対応力が半端ないスタッフが良く集まってきてくれたものだと感謝しているところなのですが、時として言いがかり的なネチネチ系電話を受けたり怒鳴りつけられたりすることがあるのです。

そう言った報告を受けると「許せない」と思ってしまい、反撃してやるとか思ってしまうのですが意外にも、「そんなことしなくて良い」と言うのは電話を受けた彼女達なのです。


「うちの大事なスタッフに怖い思いをさせて電話対応が出来なくなったらどうしてくれるんだ!」と言いたい腹立たしさを「電話だと何でも聞いてくれるから言い過ぎちゃう人もいるんですよ」と大人の対応・・・

普通なら「この仕事嫌です」と宣言されてしまうところなのに感心するものです。






で、昨日は高い確率で怒鳴り付けてくるAさん(70代男性)からの電話がありました。

2f393729Aさんは、先月自転車が盗まれた件を管理会社の責任として部屋をぶっ壊してやる等々暴言を吐き、結局のところ管理課女性スタッフのSさんとW君で部屋に訪問したら大人しくなった人です。

その際は、毎月の生活費の支援を受けている市役所に引越しを認めてもらったので部屋が見つかったら引越すると言って喜んでいたのですが・・・






管理課Sさんが深刻な感じで自分に相談してきました。

Sさん 「Aさんから電話があったんですけど、今回はかなりヤバいです」

クマ 「えっ またぶっ殺すって言って来た?」

Sさん 「今日の夜、部屋で自殺するって言ってるんです」



いつもは、攻撃相手が当社なのですが、恐らくは前回管理課Sさんと会って若い女性に暴言吐くのはやめようと思ったのでしょう。

録音システムのデータを聞いてみたところ、かなり悲痛な内容で「俺は生きるのが嫌になった」等言ってます。

内容的には市役所が引越しを認めてくれたと思っていたのに、自己都合の引越しには費用を負担出来ないとの回答があったらしいです。

Aさん 「俺はさ、生きてる意味が無い人間なんだよ、今日は最後の日だから好きな音楽を大音量で聞いてるんだ」

電話口からは結構な音量で音楽が聞こえます。

平日の昼間なので、隣室から苦情は来ていませんが通話内容が聞こえなくなるくらいの音量です。

Sさん 「ダメですよ、死ぬなんて困ります、そちらに行きましょうか?」

Aさん 「もういいんだ、身内もいないから、適当なお墓に埋葬してくれると嬉しい さよなら・・・」



と、電話が切れたそうで、管理課で対応をどうしようか考えていたところ、再度の着信。

今度は酒を飲んで話しているとの事で、意味不明な感じなのですが、あまりにも後ろ向きになっている話をして電話が切れました。


通話内容から、「これは本気かも知れない」と感じた自分は市役所の生活支援担当者に電話しました。


クマ 「〇〇マンションのAさんですけど、これから死ぬって電話掛かってきたんですけど、何か連絡行ってません?」

担当 「今、Aさん担当ケースワーカーが外出中なのですが、実は引越希望が出ていて費用の負担を拒んだら大激怒して脅迫的な言葉を言われた状態です」

クマ 「今晩部屋で薬飲んで死ぬって宣言する電話が2回も掛かってきたんで、これから様子見に行ってこようと思ったんですけど、管理会社が対応するより問題が市役所さんにあるならご対応頂きたいんですけど」


担当 「今、連絡が入って、Aさん、支援団体にも同じような電話をしているみたいです・・・」

クマ 「本当に自殺されたら困るので、そちらが対応しなければ警察と一緒にAさん宅行きますけど、問題が引越費用が出ないことなんだから市役所さんも来て頂いた方が良いかと」

担当 「わかりました、何とか考えて対応しようと思います」

そんな話をしているうちにAさんから3回目の電話が掛かってきて、今度は管理課Oさん(20代女性)が対応。

IMG_0141通話内容をスピーカーにしてもらったところ、Aさん大泣きしている状態で返答がなくなりました。

バックミュージックの演歌が実に悲しい雰囲気を醸し出しています。
こんな重たい対応を若いスタッフにさせていたら、トラウマになって仕事が嫌になるかも・・・

もう、様子見する時期は終わったと判断しました。





クマ 「もうヤバイ段階なので、こちらで警察官呼んで安否確認でAさんの部屋に入りますから、そちらはそちらで対応して頂けますかね?」

担当 「はい、こちらも引越費用が出る別の方法を検討してみます」

クマ 「Aさんから度重なる迷惑行為が続いているので貸主名で賃貸借契約解除するって書面を出せば引越を認めて頂けますでしょ?」

担当 「・・・そうですね、いろいろ考えてみます」



と、言う事で、出発準備をして管轄する警察署に安否確認のアポを取ったところ・・・


警察 「既に通報があり警察官が現地にて対応中です」


誰が通報したかわかりませんが、既に警察官が現地へ到着、その後警察署に移動して保護されたとのことでした。


この件、解決した訳では無いのが重たいところですが、元々は共同住宅に住むことに適さない過剰反応や被害妄想的感覚が強い人なので、病気である可能性も高いと思います。

元は自主管理大家さんが困っている人を助ける社会貢献として無審査で受け入れた方なのですが、建物全体の管理を受託した以上は対応する形になりますし、何より人命に関わる重要案件であるのと事故物件になってしまうことを防がないといけません。


今回を切っ掛けにして早急に引越してもらえる事を心より期待します・・・






ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



10年後・・・




8bc705fc11010年電池が持つ・・・
と、言うことで結構長寿命だと思っていた家庭用の煙感知警報器が、続々と寿命を迎える時期になりました。
ホント10年は早いものです。

機械ものなので個体によっては誤作動しやすくなって様々なトラブルを起こしてくれるものです。

ホコリ  不在時の誤作動  消防車騒動


何れにしても問題が起きる前に一斉交換するなりした方が良いのでしょうね。




人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!



三連休の中日だった昨日(9日)、年始挨拶していなかったオーナーさん宅を数件訪問してきました。

そのうちの1件は昨年心臓の病気で入院されたオーナーさん(80代男性)宅でした。

一時は意識を失って危ないところだったと聞いていましたのでお会いすることを控えていましたが、ご家族の話では、かなり良くなっているとのこと。


オーナー 「ご丁寧に挨拶なんて悪いねぇ」

クマ 「退院されたとは聞いていましたが、その後お身体いかがですか?」

オーナー 「いろいろ心配掛けましたけど、もう大丈夫ですよ」

クマ 「そうなんですか、無理しないで下さいよ」

オーナー 「それがさ、ペースメーカー入れたら前よりも断然調子が良くなったんだよね」


クマ 「え〜 そんなことあるんですか・・・」

オーナー 「驚いたんだけど、脈拍が完璧に規則正しいんで元気になったんだ」

クマ 「へぇ・・・ 何か機械が入ったら元気無くなりそうですけど違うんですね」

オーナー 「そうだね、エンジンを直してもらった感じで前より動けてる気がする」


そう言われてみれば、何となく前よりふっくらされた感じがありますし、何よりもあまり話さない人だったのに、人が変わったように良く話します・・・

10年くらいペースメーカーの電池が持つとのことで、何か凄い部品が体に入ったと喜んでいるように見えました。


クマ 「10年持つって言っても電池が突然切れたら危ないですよ、電池残量とか表示されるんですか?」

オーナー 「そんなの無いよ、定期的に病院で検査するから問題無いんだ」


何か全然知らない分野だったので、いろいろ聞いてしまいましたが、今時のタイプは15cm離して使えば携帯電話もOKなのだそうです。

何となく、10年電池寿命の煙感知器が頭に思い浮かんだのですが、一緒にするほど性能は悪く無いのでしょう



その後も話が続きましたが、次の予定があったので切り上げさせて頂きました。

ホント元気になって頂いて良かったです



ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



クイズですか・・・




image昨日のブログで書いたアパート2階から1階への漏水ですが、1階入居者さん宅の玄関が水浸しになるほど漏れていたのに原因が不明と言う変な漏水案件でした。
漏水量的に給水系漏水と思ったのですが、特に水栓を閉めた訳でも無いので止まったので排水系入居者さんの不手際系なのでしょう。

ちなみに照明器具に水が溜まっている写真を撮影していましたが、実に危険な状態なので安全第一で器具交換しております。




人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!



いつもの機動力が高い水道業者さんに調査してもらいました。


この業者さんには土日祝日年末年始ゴールデンウイーク、お盆と無休で対応してくれているので大変感謝しているのですが、いつも報告してくれる写真がクイズのような感じになっています。


無題「お前ら頭つかって考えてみろよ」と鍛えてくれているのでしょう・・・

今回は、写真の他に文字で「排水ホースが短かったため」とヒントがあったので、想像がしやすかったです。






2階の入居者さんは、雪が降った日だったので凍結を心配して結構な時間キッチンのお湯を出しっぱなしにしていて、キッチン下の排水が逆流気味になったところ、普段は問題無いのに排水ホースのスキマ部分から漏水。

20220108_114731古い排水ホースは最初から短かったのか劣化して縮んだのか不明ですが、微妙に怪しい長さだったとのことで結果として、排水ホースと防臭キャップを交換してみたそうです。

検証するためにお湯を流し続けてみて問題が無いことを確認されているので大丈夫かと思います。

いろいろあるものですね。






さて、本日(9日)は、大河ドラマの新作初回の日です。

大河ドラマ大好きなので、ホント楽しみにしています。


IMG_4088昨日もテレビ見ながらジムで走って来たのですが、2日前に時速10kmでふくらはぎが怪しい状態になったので、時速7kmに設定して走ったところ、実に良い感じで40分ちょっとかけて5km走ることが出来ました。

今日は大河ドラマ見ながら走りたいと思います。








ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
あやちゃん先生と対談させて頂きました。
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社 統括部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
公認 不動産コンサルティングマスター
上級相続支援コンサルタント
相続対策専門士
宅地建物取引士
2級FP技能士・AFP
賃貸不動産経営管理士
第四級アマチュア無線技士
第三級陸上特殊無線技士
第二種電気工事士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載
平成30年2月「帰ってきた 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
連絡先
kumakiri324@gmail.com