賃貸管理クレーム日記

賃貸管理担当者による日記です。 不動産コンサル会社に転職後もいろんな出来事に遭遇してます。

賃貸系クレーム

工夫してますねぇ

IMG_2872「無料なんですか?」
と、受付に置いてあった耳栓を見て確認してしまいましたが、利用者に敬遠される理由を取り除くための対策なのでしょう。

昔、お世話になっていたサウナでは有料だった思い出があります・・・





人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!


IMG_2868きのうは、仕事が終わった後に羽田空港第1ビルまで移動しました。

22時半頃到着したのは、自分が結構気に入ってるファーストキャビンです。

キレイで落ち着いた感じなのと、何よりも立地が良いと言うことで今回で3回目の利用です。




IMG_2869簡易宿所分類のカプセルホテルなので個室はカーテンでの仕切りで鍵がかからず、風呂やトイレは共有スペースにあります。

そう書くと不自由そうな感じですが、個室でWi-Fiも使えるし天井付近にはテレビもありますので、一昔前のカプセルホテルとは別次元な感じです。



ちなみにテレビはイヤホンからしか音が聞けなくなっていますし、携帯や目覚ましアラーム等の音が出るものは禁止されています。

そこら辺、壁の薄いアパートの騒音トラブル対処でも見習いたいところですが、冒頭の「耳栓」を騒音で困ってる入居者さんに渡したら怒られそうですね


目覚まし用のアラーム禁止は、朝起きられない不安があると思います。

その点に関して、スタッフの方が指定の時間に起こしに来てくれるサービスがあるってのも行き届いたサービスだと思いましたよ。

今回は、スマホのアラームをマナーモードにして目覚まし代わりにしましたが、マナーモードの振動も静かな場所だと結構響くものです。

音や振動の無い目覚ましシステムがあると良いのに...

そう考えると、ふくらはぎをつる状態にする目覚ましシステムを開発すると需要があると思います。

低周波治療器の仕組みを上手に工夫して「優しくつるモード」なんかを開発してくれると音のしない目覚ましシステムの完成です。


痛すぎて大声出しちゃったら近所迷惑ですが

と、言うことで本日はこのあと、朝風呂入って隣の空港第2ビルに移動して飛行機に乗ってシーエフネッツの加盟店会議に向かいます。

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



早く気づけって・・・

クイズを出されると答えた知りたくなる・・・

そんな感じで昔からクイズ好きな自分なのですが、昨日は管理しているマンションの外壁付近から「壁を叩くような音が聞こえた」との事で管理課の新人君(4年目ですが)と一緒に現地へ行ってきました。


人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!


現地到着して部屋のインターホンを押すと入居者さんが出てきません。

新人君 「あれ〜 今日は1日在宅しているので何時でもOKって言ってたのに」

クマ 「・・・ せっかく来たんだから下の階の空部屋で何か手掛かりがあるか確認しようよ」

と、言って真下の部屋に行き、水を流したり換気扇を回したりしてみました。

新人君がトイレの水を流した時に、変な音がする事に気が付きました。

新人君 「この音、変じゃないですか?」

クマ 「水が流れた音じゃないの?」

新人君 「いえ、流し終わってるのにゴーって唸ってるじゃないですか」


確かに良く聞いてみると、「夜中にジェット旅客機が遠くで飛んでいるような音」が聞こえます。

クマ 「排水管を流れた水の音が反響してるんでしょ、部屋が静かだから聞こえるんだよ」

新人君 「そうですか トイレの水を流した音にしては長過ぎないですか?」


ふと、数年前にあったドルゴ通気弁のキャップはずれが気になって、最上階にあるドルゴ弁を見に行ってみました。

IMG_2842この物件は、壁の内側の見えない部分ではなく、最上階のパイプスペースの奥にドルゴ弁があるタイプです。

見るとキャップ部分はしっかり付いています。





IMG_2840が、なぜかドルゴ弁を支えている金属部分のボルトがユルユル状態。

もしかしてこれが原因?

と、思ってもう一度下の階のトイレの水を流して音を聞いてみました。




しかしながら、ドルゴ弁が揺れて音を立てるような事は無く、下の階で聞こえる「遠くでジェット機が飛んでいるような音」も変化無く聞こえました。


IMG_2846念の為、ドルゴ配管を支えている金属部分のボルトを締め直して、入居者さんに様子見してもらおうと思い、マンションを出たところ・・・








IMG_2831クマ 「あれのせいじゃないかな?」

新人君 「テレビアンテナですか?」

風が強い時にアンテナから音が出る現象が過去にありました






IMG_2833見た感じではわかりませんが、アンテナに異常がある場合、強風で音が出るのかも知れません。

クマ 「屋上に登って確認してみるか?」

新人君 「あっ そう言えば、このマンション来週から建築会社が外壁塗装する予定ですよ」

クマ 「足場が掛かるから、その時にチェックしてもらうか」

新人君 「いや、もしかして塗装業者さんが屋上登って点検した時に叩くような音を出したとか無いですかね?」


クマ 「あ・・・ あり得るなぁ」

と、言うことで入居者さんから「叩くような音がした日時」を聞き出して、その時間帯に塗装工事業者が検査をしていなかったか月曜日に確認してみる事にしました。

外壁部分を叩く音って、タイルの劣化状態を確認する打診作業の音?

何とも、可能性が高い気がします


さて、本日は難航していた土地売買の件で、売主の息子さんと打ち合わせです。

去年の5月から手がけている案件なのですが、なぜかブログに書けない出来事が続いて苦労してます。

早く終わらせたいところですが、なにか見えない力が働いているような不思議さがありますよ。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



つづく・・・

IMG_2825 1いつも通っている地主Aさん(70代男性)宅。
3回に1回は、農作業中の納屋の前で打ち合わせとなります。

冬場は寒いので室内が良いのですが、ドラム缶で薪を燃やして暖をとるので自分が若い頃趣味だったキャンプを思い出します。




人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!

今回は、先日の底地買い取りの件での作戦会議を行いました。


レターAさん 「地主から連絡無いってのは売る気が無いってことかな?」

クマ 「レターパックの追跡情報だと昨日14日に届いていましたけど、身内と相談してるんじゃないですかね」

Aさん 「もし高いこと言ってきたり相続人が多すぎて面倒な事になるなら無理しないでいいよ」

クマ 「そうですか・・・ でもここが本家なんだから多少無理してでも手に入れた方がいいですよね?」

Aさん 「いや、この場所に拘っても意味ないような気がしてきたから、地主さんの返答によっては別の選択肢も考えるからさ」


Aさんは、数年前からダメな土地を処分して立地の良いところを購入する考えで、実際に駅近立地の物件を購入してくれたりしていますが、状況によって自宅の引越しも考えるとの話になりました。

たくさんの土地やアパート、マンションを所有されているので、不動産の価値=立地なのだと強く実感しているそうです。

ご夫婦二人住まいで広大な敷地の自宅と言うのが無駄に思えてきたそうですが、先祖代々の土地を何があっても守り通すと言う地主さんが多いなかで、珍しいパターンだと思いました。

どうなるかは、底地地主さんからの返答次第ですが、元々簡単ではなさそうな話だったので、展開が読みにくいところです。


さて、本日は賃貸管理系の謎解き調査の予定が午後から入っています。

謎は、定番の「音」に関するものなのですが、3階建てRCマンションの最上階角部屋で、外壁である西側の壁を叩く音が聞こえるとの事です。

昨日、管理課の新人君が現地確認したのですが、良くある下の階の給排水や換気システムの異常では無いそうです。

なぜなら下の部屋が空き部屋なので・・・

今まで、ウォーターハンマー系排水系テレビアンテナ系エアコンのポコポコ音等々、音に関する謎解き的苦情を対処してきましたが、新しいパターンなのかも知れません。

どうなりますでしょうかね?

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



現地確認と同時に・・・

夏場に頻発するハチの巣撤去。

そんな話を真冬にするつもりは無いのですが、ちょっと似たような悩みと言うか賃貸管理アルアル的な出来事が昨日発生しました。


人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!


何度かこのブログで書かせて頂いておりますが、ハチの巣の駆除作業は、費用負担をしてもらいにくい案件なのです。

危険にさらされている入居者さんから通報が来て、危ないから退治が必要となり、その費用を物件のオーナーさんに請求したいところですが、アシナガバチの巣程度だと現地確認したついでにハチの巣ジェットで退治して完了・・・

一応、うちの場合はアシナガバチ退治3000円での定価がある訳なのに請求出来ていないのが現状です。

だったら最初から「管理料にアシナガバチの巣の撤去費用も含んでいます」とか書いて売りにすれば良いとも思いますが、高所作業とか難易度が高い場合もあるので安易に約束できるものでもありません。

ハチの巣のような自然現象的なものは、入居者さんが悪い訳でもオーナーさんが悪い訳でも無いってのが、やりにくいところなのです・・・

で、昨日の発生は「ハトの死骸が共用廊下にある」と言ったものでした。

IMG_2787通報してきたのはアパートの2階に住んでいる男性入居者さんでしたが、とても不安な事があると言ってたので管理課の新人君に同行して自分も現地へ出動しました。

共用廊下の奥に死骸がありましたので入居者さんに詳しい状況を聞いてみました。




入居者 「昨日見た時には部屋の前にあったんですけど、今日になったら移動されていたんです」

新人君 「誰かが移動したんですかね?」

入居者 「それだけじゃないんです、首から上が無くなっていて良くみたら内臓が全部空っぽになってるんですよ」


ちょっと写真は控えさせてもらいますが、入居者さんの言う通りハトの体は見事に空洞になっていました。

入居者 「これって、猟奇的な事件かも知れないですよね?」

新人君 「いや〜 単純にカラスが内蔵を食べちゃったんだと思いますよ」

クマ 「でも、全然散らかって無いよね? もっと羽とか血痕がありそうだけど」

新人君 「風が強かったから飛んじゃったんですよ」


入居者 「そっか、カラスかも知れないですね・・・」


ちょっと不気味な話でしたが、多分カラスの仕業かと思います。

IMG_2792そして、新人君がハトの抜け殻を回収して任務完了。

こう言う出動も近場の管理物件だから出来ますけど、遠方の物件を多く持っていると大変だと思います。






ハチの巣のように入居者さんが危険な状態になっていたり、汚物があったりする事が結構あるのですが、何より大切なのは早期解決なのでしょう。

原則有料の作業なのですが、緊急的対応で現地確認時に処理出来てしまう場合の請求ってのは難しいものです・・・


さて、本日は三連休の真ん中です。

昨日の雪での凍結が心配ですが転ばないように気をつけましょう。


ではまた明日

br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
ご自由にどうぞ
このブログはリンクフリーです。
許可無くリンクしちゃって下さい。
引き続き相互リンクも受付しておりますのでよろしくお願いします。
↓相互リンク歓迎↓
コメントにてお申込下さい。
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社 統括部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
不動産コンサルティングマスター
相続対策専門士
宅地建物取引士
管理業務主任者
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載
平成30年2月「帰ってきた 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
連絡先
kumakiri324@gmail.com