賃貸管理クレーム日記

賃貸管理担当者による日記です。 不動産コンサル会社に転職後もいろんな出来事に遭遇してます。

賃貸営業

考えてみることが第一歩

IMG_9123 1昨日(21日)は、明治記念館で行われた「賃貸業界における高齢者問題を考えるシンポジウム」に参加してきました。
司法書士の太田垣章子先生(あやちゃん先生)の3冊目の著書「老後に住める家が無い!」が出版されたことで、今まで何となく問題だと思っていた事が「すごく大きな問題」だと格上げされた感じになったと思います。





人気ブログランキング
←こちらをクリック頂けると票が入る仕組みです。クリックお願いしますね!


IMG_911918時30分から講演だったのですが、自分は第二部での対談でご一緒する赤尾宣幸さんと一緒にあやちゃん先生と15時から会場入りして大変濃い打ち合わせをしていました。
なので実際の対談は40分くらいであっと言う間に終了した感じでした。

やはり高齢化に伴う問題は多岐に渡るので、語り足りないくらいになってしまうのでしょうね。



今回参加させて頂き思った事は、「行き場所が無い」と言う現実です。

滞納でも老朽化での明け渡し交渉でも高齢者が対象だとスムーズに行かないのは引越しする場所が無い事が原因なのです。

「そんな人に住んでもらったら苦労するかも知れないから入居お断り」と言う感覚が染みついているのだと思うのです。

確かにその事は事実なのですが、これから更に高齢化社会が進み、やがて今よりも大きな問題になる事は間違い無い話なのですから、新しい流れを作る必要があるのです。

28980b81室内での孤独死が高齢者の入居を嫌がる一番多い理由との事でしたが、室内で倒れて長期間発見されない事を心配しているのかと思います。

確かに自分も多くの現場を経験しているので大変さは良く知っています。

ですが、高齢になる程サポートする人が付くもので発見が早く、長期間発見されないのは年齢関係なく無職になってる等、社会と接点が無い状態の人なのです。

酷い孤独死現場の報告がイメージとして伝わってしまう訳ですが、大部分の高齢者の最後は病院で亡くなっているはずです。

病気になったら病院に行くと言う流れが一番多く、万が一部屋で亡くなる事があっても高齢者にはサポート的な人が付いている事が多いので発見まで長期化しないってのが自分の感覚なのですが、「絶対大丈夫か?」何て感じで言われてしまうと入居審査する管理会社側でもビビっちゃう訳です。

そこら辺、倒れている事を判定して知らせてくれるセンサー機器の進化を期待しているので、自分も実験的な事に協力しようと思ってます。

そして、本当に万が一の酷い状態に備えるのは手厚い保険への加入なのでしょう。

いろいろ酷い状態を体験している立場としては、強くおススメするのが保険なのですが、「そう言う事があるものだ」と言うイメージを頭に入れて心の準備をしておく事も大切なのかと思います。

まぁ現段階では「正しい答えが無い」のが実情なので答えをお伝え出来ませんが、多くの皆さんに考え出して頂くことで暗い社会にならない様に頑張りたいものです。

今回のシンポジウム開催が多くの皆様の考える切っ掛けとなったことで、不完全な事が整備される始まりになったと感じました。

ご参加頂きました皆様、企画、準備をして頂いたスタッフの皆様、ありがとうございました。

そして、ブログ読者の皆様にも考える機会となって、いろんな部分を進化させられたら嬉しいです。


IMG_9094さて本日は、お亡くなり系と並んで嫌な仕事のトップレベルである「不当要求」に関する研修に参加してきます。

暴力追放センターが実施している「不当要求防止責任者研修」と言って3年に1度の更新制の研修なのですが、これがまた素晴らしくリアルなドラマをビデオで見せてくれて毎回恐ろしさに胃が痛くなります。

こちらも知識や対応法を学ぶ事が大切なのと、イメージトレーニングして心の準備をする事が必要なのでしょうね。

不動産会社のスタッフは受けておいた方が良いと思います。





ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



言ってみるものです・・・

IMG_9076 1和室2帖でシャワールームとトイレあり。
駅から徒歩3分。
あっ・・・
キッチンが無かった

元お蕎麦屋さんの従業員控室ですが、外から出入りできるので単独で貸せないか考えちゃいました


人気ブログランキング
←こちらをクリック頂けると票が入る仕組みです。クリックお願いしますね!

きのうは、自主管理大家さんが所有するビルのテナント入居に関して客付した営業のN店長と一緒に諸々の打ち合わせをしてきました。

日本蕎麦屋さんを長年やっていた店舗が廃業となり、解約時にスケルトン返しでは無く間取りを残されて厨房設備を全部外した感じで明け渡されていました。

当社で管理していた訳では無いのでオーナーさんからの話しか知りませんが、居抜き的な残し方をして客付けできる目論見だったようですが、設備を置いていった訳では無いのが微妙なところです。

「内装は今度借りる人にやってもらってね」的なオーナーさんの考えだったので、お蕎麦屋さん系以外の方は嫌がっちゃう感じでした。

まぁ そんな話は少なく無いのですが、40坪以上ある店舗なので事務所で使いたいとか託児施設にしたいなんて話も内装費用の負担を計算すると頓挫する感じでしたので、解約時に退去した側ときちんと交渉するべきだったのでしょう。

IMG_9075今回は、ラーメン屋さんを開業したいとの話だったので、間取りを残してもかなりの設備投資が必要となり、オーナーさん側でも躯体や外観上の問題に対して費用負担をしてもらいたい話や、上階に別のテナントや住居がある建物なので夜遅くまで営業することについてご理解を頂く必要があります。


一通りN店長が要望を伝えて費用的な事に関してはオーナーさんの承諾を頂けました。

N店長 「上階の入居者さんに理解してもらえる様に事前に調整しますけど管理が大家さんなので、お願いしますね」

クマ 「お宅で仲介したんだから最後まで責任持って欲しいって言われる方がいるんですけど、管理させて頂けないと窓口は大家さんなんですよ」

オーナー 「・・・ わかった ビル全部お宅で管理していいよ」


管理受託するって簡単じゃありませんけど、言ってみるものですね。

ご理解のあるオーナー様に感謝です。


と、言うことで既存入居者さんとの調整を管理受託のお知らせと同時に行える良い流れとなりました。

後はテナントさんに無事開業して頂き長続きして頂ければと思います。


なんか久しぶりに純粋な管理拡大した気がします

さて、本日は1日事務処理を行う予定です。

この仕事、現地に行ったり人と折衝することが多いですが、事務処理も多いので結構、事務処理日を設けるって大切なのです。


sumeruie明日21日(火)は太田垣章子先生「賃貸業界における高齢者問題を考える」シンポジウムに登壇させて頂きます。

ぜひご参加下さい。







そして22日(水)は3年に1度の不当要求防止責任者研修を受講、24日(木)は福島県の郡山にて賃貸管理研修をさせて頂きます。

今週は風邪ひいたりランニングで足が痛くなったりできない1週間となってます。

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



老後の引越・・・

きのう(16日)は千葉市にある実家に弟と行って48年間エレベーター無しの5階に住んでいる両親(70代後半)と引越しについての話し合いをしてきました。

IMG_2358実家は築53年のUR(元公団)で、数年前から引越しするようにお願いしていましたが、東からは朝日が昇り南に千葉市内一望、西には富士山が見える眺望が何よりも気に入っているとのことです・・・
自分も20年間この景色を見て育ったので高台の見晴らしの良さは理解できますが、5階まで階段を上り下りすると言うのは足腰が健康で無くなったら寝たきりの元になるんじゃ無いかと心配なのです。



人気ブログランキング←こちらをクリック頂けると票が入る仕組みです。クリックお願いしますね!


今回は、「同じ階段の2階だったら考えても良い」と言われていた2階が偶然にも空いたので内見することになったのですが、その前に家族会議開始。

クマ 「2階の鍵持ってきたけど、ホントは1階が良いと思うんだよ ダメなの?」

母 「1階なんて湿気が多いし物騒だから絶対嫌だから」

クマ 「歩けなくなって車いすになったら2階じゃダメでしょ」

父 「杖ついて階段下りてる高齢者なんていっぱい住んでるし階段に手すりもあるよ」

母 「歩けなくなるくらいの時は施設に入ってるか死んでるから心配しないで大丈夫」

弟 「団地出てエレベータ―付の物件に引越すって考えは無いの?」


と、ここで自分が用意した見晴らしが良くてスーパーに近くて買い物便利な分譲マンションの斡旋図面を出して説明したのですが、中古のマンションに途中から新入りとして入るのは嫌だとのこと。

物件を自分か弟が購入して今までと同じ賃料を払ってもらえば良いと言ったのですが、そんな事をしてくれるなと言う事で今の環境を最低限にしか変えない2階の物件を見る事にしました。


IMG_9052部屋に入ったところ、全く同じ間取りなのに、家具が無い分広く感じて結構新鮮です。

さすがに見晴らしは5階より悪いですが、前の棟より高台なので陽当たりも良く20分くらいジックリ見て「これだったら良い」との結論になりました。







その後、URさんの事務所で申込手続き。

IMG_9065いろいろ聞いたら1週間以内に本契約をするようにとの事だったので、当日中に全部終わらせてきました。
若い頃と違って課税証明の出る収入が規定に届かないので1年分の賃料前払いと敷金2ヶ月を払いました。

1年後からは普通に月払いに変更になるそうです。

簡単に言えば1年分前払いと敷金が出せれば必要書類の提出で保証人も無く誰でも入居できる仕組みです。



この点は収入が少ないけど貯金がある高齢者向きな仕組みだと言えます。

それにしても、案内した当日に重要事項説明して契約まで完了できる手際の良い仕組みは、うちの勤務先では難易度が高いので見習いたいところです。



クマ 「いろいろありがとうございました、斡旋手数料の振込をお願いしますね」

スタッフ 「ごめんなさい、同じ団地内での移動だとURからの手数料払えない決まりなんですよ」


・・・

最後にオチが付いてしまいました


今度の山場は来月予定している引越し作業なのですが、その前に現在の部屋の原状回復査定があるとのことなので、50年近く住んだ部屋の解約立ち合いを参考の為に見学してみようと思ってます。

世界最大の大家さんであり元々は公の組織だったURさんについては、自分的には民業圧迫にならないように手加減して頂きたいと思っていますが、高齢者対応だけでなく心理的瑕疵関連で特別募集住宅でも割り切った対応をされているので大変参考になると考えています。

トラブル事例なんかも凄いデータが貯まっている事でしょうね。



sumeruie昨日、太田垣先生の著書「老後に住める家が無い!」の自分との対談部分の抜粋がネットに流れました
売買契約して決済までに大急ぎで住んでいる家を明け渡さないといけなくなった高齢の女性の部屋探しをした話が登場するのですが、その時は一般のアパートを断られまくって最後にURさんでした。
読んで頂ければと思います。

こちらは参加して頂ければと思います。



ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



たまには背中を押します・・・

世の中三連休ですね。

自分の勤務先では土・日・月休みのパターンだと土日が一番賃貸物件をお探しになる方の来店が多い感じで瞬間的に営業スタッフが案内で出かけて人手不足となり、自分も案内担当になる事があります。


人気ブログランキング
←こちらをクリック頂けると票が入る仕組みです。クリックお願いしますね!

ご来店に関しては予約の方が予定通りの時間に来てくれなかったり、新規のお客様が飛び込み来店される事もあるので、今の時期はスムーズにいかないものです。

IMG_8968昨日は、ネコ飼育希望のお客様だったのですが、うちの近所ではネコ飼育OKの物件が少ないので、立地的にご希望にそえない場合は、どれだけ妥協できるか考え方を変えて頂く方向の話をしていく感じになるものです。





そう言うパターンは自分的には違和感があるのですが、「仕方がない」と決断された以上は「何とかなりますよ」的な言葉を伝える形となります。

突然始まり短い時間で終わる接客でしたが、お客様にしてみれば大きな物語の切っ掛けとなる場面だったのでしょう。

自分、若い頃には賃貸営業をしている時期がありましたので、「それが世界」的に普通の出来事なのは理解できますが賃貸の案内も新鮮に感じるものです。

たまにだからですかね・・・


さて、本日はこの後に接道の無い土地案件の隣地地主さんを訪問してきます。

そして夜は有名投資家さん達と都内で情報交換会です


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
ご自由にどうぞ
このブログはリンクフリーです。
許可無くリンクしちゃって下さい。
引き続き相互リンクも受付しておりますのでよろしくお願いします。
↓相互リンク歓迎↓
コメントにてお申込下さい。
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社 統括部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
公認 不動産コンサルティングマスター
上級相続支援コンサルタント
相続対策専門士
宅地建物取引士
管理業務主任者
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載
平成30年2月「帰ってきた 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
連絡先
kumakiri324@gmail.com