賃貸管理クレーム日記

賃貸管理担当者による日記です。 不動産コンサル会社に転職後もいろんな出来事に遭遇してます。

売買関係

40年経っても・・・

IMG_0742自分、ツツジとサツキの見分けがつかないのですが、昨日訪問した地主さん宅は満開になってました。

ゴールデンウィークくらいがツツジでサツキはその後に咲くと言われましたが時期だけの問題なのでしょうかね・・・





人気ブログランキング
←クリック頂けると1票入る仕組みなのでお願いします!


きのうは親しくしている地主さんが隣の市に所有されている月極駐車場に車が放置されて困っているとの事で地主さん宅を訪問しました。

この土地は、タイミング見て売却する予定になっていて自分が担当しますが、駐車場の管理は地元の不動産屋さんが行っています。

地主さんからは「管理している不動産屋さんが動いてくれないので、自分に対応して欲しい」と言われてます。

クマ 「不動産屋さん何で動いてくれないんですか?」

地主 「契約してない車だから注意のしようが無いんだって言うんだけど面倒くさいんだと思う」

クマ 「盗難届が出てるかの確認はしたとか言ってました?」

地主 「警察行ったら私有地は扱えないから地主側で対応しろって言われたらしい」

クマ 「盗難届が出てなければそうなっちゃうんですよ」

地主 「でも、管理してる◯◯不動産が契約した奴が置いてったんだと思うんだよ」

クマ 「さすがにそれなら対応してますよ」

何か地主さん的には頼んでいる不動産会社が対応してくれないイメージらしいです。

さっそく現地へ行ってみました。

BlogPaintなにやら、車の窓に「5月末までに移動しないとレッカー移動して費用請求する!」と書いてあります。

ちゃんと対応してる感じですが、ナンバーも付いているし車検切れにはなっていない車なので、本格的な放置とは違うような感じがします。





いろいろ写真を撮っていたところ2月に突然訪問して修羅場になった隣地に住んでる地主さんのご親族が家から出てきました。

前回、このご親族のご主人さんに一瞬は怒鳴りつけられましたが、話が終わる頃には冷静に話ができましたので、今度は更に良い関係を作ろうと思い話しかけてみました。

クマ 「こんにちは◯◯さん」

ご主人 「こないだの不動産屋さんか、もしかして土地が売れたの?」

クマ 「いえ、まだ売りに出して無いんですけど今日は、この車の件で来たんですよ」

ご主人 「この車は端っこの区画借りてた奴の息子のだと思うよ」

クマ 「そうなんですか・・・ 知ってる方とか?」


ご主人 「大工っぽい親父もワゴン車乗ってて荷物の詰替えとかしてるの見たんだ」

クマ 「貴重な情報ありがとうございます。さっそく管理会社に伝えてみますよ」

ご主人 「でもそいつの家、空き家になってるから引越したと思うね」


ご主人さん、親切に教えてくれて何となく機嫌が良さそうです。

思い切って土地を買う気が無いか聞いてみました。

クマ 「車の件が終わったら売り出すんですけど、買ってもらえませんかね

ご主人 「別に金が無い訳じゃないんだけど、あいつ(地主さん)から買うのは嫌だよ」

ここで40年以上前のトラブル話を30分ほど聞かせてくれました

ご主人 「と、言うことで俺はあいつだけは許さないから」

クマ 「重たい話ですねぇ 地主さん昔と違って丸くなったんだと思いますよ」

ご主人 「いや、人間心の芯は死ぬまで変わらないもんだ」

IMG_0747恨みや憎しみの固まりをぶつけられた様な重たい話でしたが、不思議と嫌な感じでは無くガス抜きしてあげているような気分になりました。

40年も前の怒りを誰かに聞かせる機会など滅多に無い事なのでしょう・・・






ご主人 「愚痴ったみたいで悪かったね、あんたの邪魔はしないから頑張りな」

クマ 「ありがとうございます。 引き続きよろしくお願い致しますね」



放置車両の件を含めて続きが近いうちにできる事でしょう。

さて、本日火曜日は続き物になってしまったマンションの未分別ゴミ対決第4回目の出動です。

隠し文字が入った配布文書を未分別ゴミと一緒に捨てていれば話が急展開しますが、分別が徹底されている事を望みます。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



空気読めない・・・

昨日は7年前の2011年3月10日に土地を買ってもらった買主さん宅を訪問してきました。

ちょうど東日本大震災の前日だったので、記憶に残った契約となりましたがブログにもキッチリ残ってます


人気ブログランキング
←クリック頂けると1票入る仕組みなのでお願いします!


1週間前くらいに隣地を購入したいとの事を言われて、購入希望地の謄本を上げて机上で調べていたのですが購入希望地の所有者さんは、7年前と同じ売主さんです。

売主さんの土地は2筆に分かれていて道路に面している側の土地にお孫さん(30代)の家を建築して奥の土地は手付かずの使っていない袋地です。

将来的にお孫さん宅の庭として使う予定だったらしいのですが、現在でも十分な庭が確保されているので、売却しても構わないとの事でした。

登記簿を見ると160坪の面積ですので、かなりの広さなのですが宅地とは言え市街化調整区域内の袋地なので売れる時に売らなければ二度と買い手は現れない事でしょう。

そんな難しく無い話だと思い、売主さんも呼んで売却価格を打ち合わせする事になりました。

売却価格は7年前と同じ坪単価で事前に売主さんも買主さんも了承していたので特に心配していなかったのです。

が・・・


土地現地に行ったら何となく土地が160坪無いような違和感を感じました。

既に売主・買主さん揃っていましたが、雑談していてもらい巻き尺で土地の大きさを測ってみると購入希望地にお孫さん宅の建物が6m程越境しています








IMG_0731元々大きい土地なのでわかりにくい感じでしたが、家を建てた売主のお孫さんに聞いたところ、「おばあちゃん(売主)の土地なので家の大きさに合わせて境界石を動かしたんじゃないかな?」との事でした。
他人との境界を動かしたら大変な事になりますが、自分の土地内の話なので分筆登記をしていないだけの話です。




こうなると、土地の面積が減るので売主さんとしては予定した売買代金が減り分筆費用が増える感じになります。

買主さんは、見た目は変わらずで考えていた金額よりも安くなるのでOKかと思いますが・・・

買主Aさん宅にて状況を説明しました。

売主さん側はおばあちゃんが高齢なので息子のBさん(70代)が代わりに参加。

クマ 「登記簿だと160坪だったんですけど30坪くらい減っちゃいますので売買代金が変わります」

Bさん 「そうなんだ、家を削るとかできないから現況に合わせるしかないよね」

クマ 「ですね、分筆登記する費用が発生しますので売買価格の仕切直しですね」

Aさん 「そこら辺、きっちりして頂ければと思います」

Bさん 「分筆費用は売主で出すから影響無いようにやって下さいよ」

クマ 「影響無いようにってのは分筆登記費用を売買価格に上乗せする形ですね?」

Aさん 「ご迷惑な話になる感じでしたら仕切り直しで結構ですので」

何となく雰囲気が悪くなってきました・・・


クマ 「では、金額のお話は諸費用の見積もりが出てからお知らせ致しますよ」

Bさん 「クマさん違うよ、単価上げて欲しい訳じゃなくて単純に面積減った分安くしてあげればいいから」

Aさん 「私も、諸費用が掛かるなら単価が上がっても良いと思ってますので」

クマ 「自分、いつも高く売って欲しいと安く買いたいの間に挟まれるのでお互い譲り合うなんて経験が無いんですよ



IMG_0737売値で揉めないように気をつかったつもりですが、売主さんも買主さんも実に良い人でした。

その後は買主さんから手作りのお菓子が出されて楽しい雰囲気で雑談タイム。

美味しく頂きました





いつも調整業務で苦労しているので今回は楽が出来そうです。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



引き寄せてる?

IMG_0709昨日、1ヶ月以上アパート前の公道に置いてあったバイクの話を書きました

敷地内(私有地)と違い公道は警察が対応してくれるはずなので、交番へ行って対応をお願いしたところ、「盗難届が出ていれば警察で引取り、出ていなければ市道なので市が管轄するので担当が変わる」と言われました。




人気ブログランキング
←クリック頂けると1票入る仕組みなのでお願いします!



90aa7861そう言えば、7年前に売却予定のアパートの敷地に放置車両があって「私有地は対応しないよ」とお巡りさんに言われて陸運局で所有者を調べて他県に住んでる所有者を訪ねたところ、既に他界していて20年以上別居していた奥さんから相続人である息子さんの居所を聞き出して車両の撤去をしてもらった探偵物語を書いたことがありました。





その時に比べたら公道に置いてあるだけの違いで実に楽できるものです。

交番にバイクの写真を持って行き連絡を待つこと1時間。

お巡りさんより電話がありました。

警官 「バイクは盗難車では無く、アパートの○○号室の入居者さんが所有者でしたよ」

クマ 「そうでしたか、じゃぁこちらから注意する必要がありますね」

警官 「いえ、私から駐車違反になるので撤去するようにと伝えておきました」

クマ 「ありがとうございます、でも1ヶ月も放置って何考えていたんでしょうかね?」

警官 「敷地内に置いてたのに誰かが移動したって言ってましたよ」

クマ 「変な言い訳ですねぇ・・・ ハンドルロック掛かってるし自分で置いたんでしょ」


駐車違反でレッカー移動してくれても良かったですが、親切なお巡りさんです


実は、この案件の直後に親しい地主さんから「所有している月極駐車場に2年位放置された自動車が置いてあって、管理している不動産会社が対応してくれないから相談に乗って欲しい」との相談があったので今日の午後訪問してきます。

なんか引き寄せてますね・・・


さて、本日は朝から土地の売却相談でお客様宅を訪問します。

袋地的な土地を隣地の人が買いたがっているとの良い話なのですが、敷地への建物越境と抵当権の担保外しで金融機関と交渉する等、いろいろありそうな案件なので新たな物語ができそうな予感です。

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



そんなパターンは・・・

昨日の午前中は新規受託した土地の件で売主さんにご来社頂きました。

土地の確定測量をお願いしていたのですが、登記簿上の面積よりも10坪ほど小さくなったと測量事務所さんに言われてしまい隣地の方に確認のハンコをもらう前に売主さんに説明をしてご理解頂かないといけない状態です。



人気ブログランキング
←いつもありがとうございます。本日もクリックで応援よろしくお願い致します。


登記簿面積と実測面積が異なる事は何度も経験していますが、一番酷かったのが登記簿面積が58坪で実測すると116坪って感じだったので、自分はちょっと位では驚きませんが、一般の人は結構ショックを受けます。

今回は230坪の登記簿面積に対して10坪の誤差で、市内でも一等地にありますので影響が大きいです・・・

売主 「10坪も違ったら400万円以上変わるってことだよね」

クマ 「理屈的にはそうなりますけど、多少高めに売出して様子見しましょうかね」

売主 「そうだね・・・ でも実際小さかったんだから安くなるんだろうね

クマ 「登記簿面積で売買しても実際は小さいんですって伝えるので買う側は嬉しくないですからね」

売主 「そりゃそうだ・・・ 何でこうなっちゃったんだろ」

クマ 「大昔に測量した面積が現在の精密な測量をし直すと変わっちゃう事が多いんですよ」

売主 「そっか・・・残念だけど最初から小さかったんだから仕方がないって事だね」

クマ 「このあと、測量事務所さんが来るので説明させて頂きますよ」


売主 「いや、別に同じこと言われたって面積が増えないんだからいいよ」

クマ 「・・・そうですか 確かに説明聞いても増える訳じゃないですけど、もう到着しますので」


10時に待ち合わせして、売主さんは15分前に到着、測量士さんは15分遅刻・・・

いろいろ雑談しているところで測量士さんが到着しました。

測量士 「ごめんなさい、ちょっと現地でやり直してたので遅くなっちゃいました」

クマ 「今、大体は売主さんに説明したんですけど、小っちゃくなった原因は測量の精度の他に何かあるんですかね?」

測量士 「ホントごめんなさい、前回送った資料はかなり余裕持って処理してまして実際は6坪の差でした」

クマ 「え? 10坪と全然違うじゃないですか・・・」

177116f4測量士 「スミマセン 一部不明な位置があったので余裕持った感じでして」

売主 「ちゃんと測った結果なんでしょ? 」

測量士 「はい、前回クマさんに送ったのは仮に出したような感じで・・・」

クマ 「危ないですねぇ・・・ 」

売主 「いいよ、これで間違い無いなら10坪より6坪のほうがマシだよ」



何か結果的に良かったのでしょうけど実によろしくない出来事です。

かなり自分の顔色が変わったのですが、売主さん的には笑って済ませて頂いた感じだったので複雑な気分でしたが、自分も作り笑いしてました

実測して面積が違うと言う話しの新しいパターンを経験させてもらいましたよ


さて、本日は午前中に出版社さんが来社されて打ち合わせの予定があります。

何やら企画があるそうです。


ではまた明日



br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
ご自由にどうぞ
このブログはリンクフリーです。
許可無くリンクしちゃって下さい。
引き続き相互リンクも受付しておりますのでよろしくお願いします。
↓相互リンク歓迎↓
コメントにてお申込下さい。
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社   統括部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
不動産コンサルティングマスター
相続対策専門士
宅地建物取引士
管理業務主任者
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載

連絡先
kumakiri324@gmail.com