賃貸管理クレーム日記

賃貸管理担当者による日記です。 不動産コンサル会社に転職後もいろんな出来事に遭遇してます。

滞納関係

連続初体験・・・

きのうのブログで、明け渡し判決が出た滞納者が控訴すると言ってきた話を書きました。

大家さんと一緒に腹を立てていますが、その事に関しては全て終わってから書かせて頂こうと思います。


人気ブログランキング
←本日もぜひクリックをお願い致します!



書きたいことを書けないってのは実にストレスが溜まるものですね。

そんな中で実に驚いた出来事がありました。

「◯◯さんから電話が入ってますよ」

と、内線で言われました。

◯◯さん・・・ 誰だっけ?

珍しい名字だったので何となく記憶にあったのですが、何の案件の方なのか思い出せません。

自分、大抵の事はGmailGoogle カレンダーに記録しているのですぐに名前を検索しました。

と、同時に隣にいた管理の新人君が思い出してくれました。

「以前解約時に長期滞納が発覚した◯◯さんじゃないですか?」

当時の記録メールを読んでみると、某自主管理大家さんのワンルームアパートを解約立会した際に5年間の家賃未納が発覚した滞納者のAさん(30代男性)でした。

Aさん 「以前、◯◯アパートを解約したAです」

クマ 「ご無沙汰してます・・・ どうされました?」

Aさん 「今日の午後お会いしたいんですけど何時なら大丈夫ですか?」

クマ 「夕方なら大丈夫ですけど・・・ どのようなご用件ですか?」

Aさん 「滞納した際にいろいろ迷惑を掛けてしまったので」



電話を切ってから当時の記録を読み返して完全に思い出しました。

アパート退去時に巨額の滞納が発覚して自分が追求。

しばらく逃げ回っている状態でしたが、当時新婚生活を始めて間もなかったAさんは、自分が送った手紙を奥様に読まれた事で滞納がバレてこっ酷く叱られたのです。

奥様に連れられて来たAさんと打ち合わせした際には「5年も滞納を放置するのは大家さんの落ち度」&「2年毎に更新契約をしていた不動産会社もおかしい」と奥様から抗議されたのですが、「落ち度だと思うけど払わないのが一番悪い」と言い返して分割払いの約束をしていきました。

で、ちょうど今月で分割払いが終わるのでした。

すぐに、大家さんに電話をかけて、分割払いの状況を聞いてみました。

大家さん 「毎月10万円入れてる人だよね」

クマ 「12ヶ月滞り無かったですかね?」

大家さん 「どうだろ、ここ最近気にして見てなかったよ」

クマ 「え〜 またですかぁ・・・ 夕方来店されるって言うんで多分債務が無くなった証明出せとか言われると思うんですよ」


大家さん 「そうなんだ、調べとくよ」

・・・

この大家さん、ご自分で宅建業免許を持った管理会社を作っていて、その会社で管理している形なので他社に管理をさせない主義でした。

ですが、ここ数年間でマンション2棟ほど管理を任せてくれましたので、自分も積極的にお付き合いしている状態です。

夕方になって、Aさんが奥さんと一緒に来店されました。

Aさん 「ご迷惑をお掛けしましたが、本日支払いが終わりました」

クマ 「そうでしたか、約束を守って頂いてありがとうございました」

IMG_2496Aさん 「これ、皆さんと大家さんに」

クマ 「え〜 そんな事してくれなくても良いんですよ」

奥様 「ご迷惑をお掛けしましたので、お詫びの気持ちですから受け取って下さい」



Aさんは、滞納金支払完了の報告と、お詫びの言葉を言いに来店されたのでした。

滞納者には嫌な思いばかりさせられていますが、滞納金回収した上に菓子折りをもらうなんて滅多に無い素晴らしい出来事でしたよ。

律儀な奥様に感謝です。


さて、本日は水曜日で定休日です。

来月予定している賃貸管理おたくセミナーの資料作成締切が近いので丸一日集中しようと思います。

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



初体験かも?

自分の管理している物件で追い出し対象になっている滞納者が1人だけいます。

IMG_2487数年前から滞納者一掃作戦を行い、その時に対象となった方なのですが、連帯保証人が全額支払ってくれてリセット。

しばらくは遅延程度でおさまっていましたが、去年から保証人も払わなくなり大物滞納者に育った感じです。



人気ブログランキング
←本日もクリックをお願いしますね。


ここ最近は保証会社の利用が浸透して、保証会社による明け渡し訴訟が年に1回程度ありますが、管理会社として大変なのは兄弟や親が保証人になっている案件です。

自分のところは、管理している件数が1300室程度ですので明け渡し訴訟まで行く大物滞納者が年間2件程度と言うのは少ないような気がしていますが全国的にどうなのかわかりません。


多分、今回の案件が終われば滞納者とのやり取りも一段落する感じなのですが、自分の場合は自主管理大家さんと連携する事もあるので、管理物件が正常化しても関わりを持ってしまう事でしょう。


で、今回の大物滞納者さん、今月8日に明け渡しの判決が出たところで本人と保証人に電話をしても無視。

貸主から滞納者本人に「強制執行になる前に自分から退去して欲しい」、保証人には「お互い退去を求める気持ちは一緒なのだから引越しを促して欲しい」「滞納金の支払いお願いします」と優しい感じの内容証明郵便を送ったのですが、配達されているのに無視。

さすがに自分も頭にきて「電話くらいして下さいよ」と滞納者と保証人の留守電にメッセージを残していました。

そうしたら滞納者のA氏から電話がありました。

A氏 「留守電のメッセージ聞きました」

クマ 「Aさん、わかってると思うけど判決が出たんだから引越して頂きますよ」

A氏 「その件についてなんですけど、私は納得していません」

クマ 「判決文届いたでしょ? 今さらAさんの意見は聞かないですよ」


A氏 「兄(保証人)から電話があったんですけど電話は止めて欲しいんです」

クマ 「裁判するまでの5ヶ月、判決が出るまでの4ヶ月1円も払って無いんだから保証人に払えって当然ですよ」

A氏 「弁護士に頼んで控訴する事にしましたので」


クマ 「はぁ・・・ Aさんもお兄さんも裁判で滞納してる事認めてるのに控訴?」

A氏 「はい、明け渡しについて納得していませんので・・・」

クマ 「どう言う理由で控訴するの?」

A氏 「それは控訴審で明らかにします」


クマ 「大家さんに1円も払って無いで弁護士先生にはお金は払えるって?」

A氏 「お金の件とは違う件で・・・ 詳しくは控訴審で明らかに・・・」

何ともテレビドラマで聞くようなセリフですが、一応控訴する権利があるのですから、自分が何か言えるものでもありません。

クマ 「大家さん、ホントに生活困ってるんですよ、何するんだかわからないけど、きっちり対応させてもらいますから」

一審の裁判所で滞納が有ることを認めた上で明け渡しの判決が出ているのに控訴するってのは簡単じゃ無いかと思います・・・

もし本当に控訴されたら本人訴訟で継続するのは難しそうなので、大家さん側も弁護士先生にお願いしますが、ドラマのような展開があるのでしょうかね?

実に気分が悪く、もっといろいろ書きたいところですが時間稼ぎ的に管理会社や自分の事を攻撃してくるかも知れませんので程々にしておきます。

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



対照的でした。

昨日は、密度の濃い1日でした。

と、書くと普段は薄いって感じですね・・・


人気ブログランキング
←本日もクリックをお願い致します!



午前中は、明け渡し訴訟の判決をもらった件で、大家さん宅を訪問してきました。

BlogPaintこの大家さん、賃貸経営を本格的にされている訳ではなく、元自宅の一戸建てを貸している単発の大家さんです。

70代のご夫婦でUR賃貸にお住まいなのですが、家賃を当てにしていたので、滞納により生活が厳しくなってしまいました。




奥様 「判決出たからお金が入ってくるかしら?」

クマ 「前にも言った通り、普通の相手なら降参して何とか工面しようとするんですけど、開き直ってるので最後まで抵抗しそうです」

奥様 「でも、保証人は真面目な人だから以前みたく振込んでくれますよね?」

クマ 「そこら辺、保証人としてはお金払っても本人が退去しない限り繰り返すと思っているところでしょうね」

ご主人 「もう、強制執行して出すしかないんですかね?」

クマ 「最後は、そうなりますね・・・」

奥様 「強制執行で何十万円も掛かるって言ってましたけど、保証人に払ってもらえないかしら?」

クマ 「滞納者を追い出さないと保証が終わらないって事で協力してくれる保証人もたまにいますけど、なかなか難しいですよ」

奥様 「ホント悲しい・・・ 滞納してる方が大きな家に住んで開き直って1円も払ってないなんて

ご主人 「生活が苦しいんだから強制執行の費用なんてホントは出したくないですよ」


ちょっと、ここから先は書きにくいので省略させて頂きますが、今後は、「追い出す」という目的で共闘する方向で保証人を頼ってみたいと思っています。



夕方は、昨年からいろいろ物件を売らせて頂いている大家さんご夫婦宅へ大規模リフォームの工事代請求書を届けに訪問してきました。

このご夫婦も、上記の大家さんと同じくらいの年代なのですが、正反対の生活をされています。

ご主人 「今回は早く決まって良かったよ、工事代は明日にでも振込んでおくよ」

クマ 「ありがとうございます、早く決まってホッとしましたよ」

ご主人 「でさ、満室になったから売っちゃおうかと思ったんだけど、どう思う?」

クマ 「どう思うってのは、いくらで売れるかって事ですか?」

ご主人 「築30年だし、これから修繕費とか掛かるから売時なんじゃないかな?」

クマ 「アパート買う人は皆さん利回りで計算しますから、そんな高く売れるって事は無いですよ」

ご主人 「年収◯◯◯万円のアパートで5%くらいの利回り位で無理かな?」

クマ 「え〜 都内の物件じゃないんですから桁が違いますよ、せめて10%無いと難しいですって」

ご主人 「何か高く出しといて、買ってくれる人がいたら売るって感じで出来ないかな?」

クマ 「・・・ 出してみたらわかると思いますけど、近所の業者さんに笑われるかも知れません」

奥様 「別に売らなくったって、困らないし家賃収入あるんだからいいわよ」

ご主人 「まぁねぇ 借金がある訳でも無いし、現金持ってても使い道が無いと相続で迷惑掛かるか・・・」


何とも、軽い気持ちで売りたくなった様ですが、時間的にも金銭的にも余裕がある方なので、「高く売って欲しい」の実験で驚くような金額でお願いされてしまうかも知れません。

売るか保有し続けるか迷っていて結論が出ませんでしたが、いろいろな大家さんがいるものです・・・


深刻なのは、滞納されている大家さんですので悪質滞納者を早いところ追い出して新たに貸すか売却するかしないといけませんね。

ではまた明日



br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



聞いた方が早い。

IMG_2349昨日(8日)は定休日でした。

車に積んであったゴミを捨てに処理工場へ行って、いつもの煙突撮影。

3月になっても冬の空ですね。




人気ブログランキング
←本日もクリックをお願いしますね。


ゴミ捨てした後は、Kindleに溜まった本をスタバで読もうと思いショッピングセンターへ行ってスタバの前に早めの昼食。


IMG_2353黒胡麻担々麺を食べている時に「そういえば今日は判決言い渡し日だったなぁ」と頭に浮かびました。

先月行った明け渡し訴訟なのですが、裁判官がやたらと滞納者の肩を持っていたので自分の中で引っかかっていました。


で、判決文が郵送されてくるであろう、本日(9日)原告である大家さんと打ち合わせする予定になっています。

一応午前10時に訪問する事にしてあったのですが、よく考えたら10時までに判決文が配達されるとも限りません。

判決文見ないで打ち合わせってのも変だし、変な条件でも加えられていたらショックです。

不安になってきたので担々麺食べ終わってから裁判所へ行って判決の言い渡しに立ち会うことにしました。


IMG_2356判決の言い渡しが午後1時20分。

裁判所の駐車場にとめた車の中で30分くらい読書タイム。

車の中って意外と集中できるものです。




考えて見たら今まで判決の言い渡しに立ち会った記憶がありません。

1日待てば郵送してくるし、滞納者に対する明け渡し訴訟なので刑事事件の判決みたく結果が予想できないものでも無いからです。

判決言い渡しは法廷で行われるのですが、自分の他にも3件ほど言い渡しが予定されていました。

10分前に傍聴席に座りましたが誰も来ません・・・

しばらく1人で待っていると書記官が入って来ました。

書記官 「ご本人さんも来てます?」

クマ 「いえ、来ないです、自分だけで来てみましたよ」


1時20分ピッタリに裁判官が入ってきました。

裁判官 「不動産屋さんだけ?」

書記官 「はい、当事者は来ないそうです」

裁判官 「そうなんだ、じゃぁ判決を言い渡します 主文」


・被告◯◯は、原告に対して物件目録記載の建物を明け渡せ。

・被告◯◯と◯◯(保証人)は、連帯して平成28年10月までの未払い賃料◯◯万円を支払え。

・被告◯◯と◯◯(保証人)は連帯して平成28年11月1日より建物明け渡し済みまで1ヶ月◯万円の割合による金員を支払え。

・訴訟費用は被告らの負担とする。


訴状の通りの判決でした。

クマ 「すみません、これで失礼しますね」

裁判官 「はい、ご苦労様」


傍聴席から裁判官と話すなんてありえない感じですが、無言で立ち去るのも失礼かと思って挨拶して帰りましたよ


と、言うことで本日は朝一番で今回の大家さんと打ち合わせしてきます。

滞納者に対しては月内の退去を伝える事になると思いますが、当然ながら素直な相手では無いので、明け渡し物語ができる事でしょう。

判決出て終わりじゃないのがキツイところです。

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 



Google AdSense



人気ブログランキングへ
管理オタクによる研修です。
賃貸管理セミナー
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
おすすめ不動産投資書籍
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
ご自由にどうぞ
このブログはリンクフリーです。
許可無くリンクしちゃって下さい。
引き続き相互リンクも受付しておりますのでよろしくお願いします。
↓相互リンク歓迎↓
コメントにてお申込下さい。
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社   管理部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
不動産コンサルティングマスター
相続対策専門士
宅地建物取引士
管理業務主任者
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載

連絡先
kumakiri324@gmail.com
  • ライブドアブログ