賃貸管理クレーム日記

賃貸管理担当者による日記です。 不動産コンサル会社に転職後もいろんな出来事に遭遇してます。

滞納関係

家賃滞納という貧困

無題司法書士の太田垣章子先生(あやちゃん先生)「家賃滞納という貧困」を出版されました。

あやちゃん先生は、賃貸トラブル解決のプロ中のプロで、自分的には大変話が合うお友達で賃貸管理オタク仲間です。

まだ、執筆中の頃に体験談的な話をまとめた本だと聞いていましたが、ハンパない体験記であると同時に、ここまでリアルな状況は体験した目線が無いと書けない貴重な書籍です。

自分の場合、正直言って「滞納者側の目線」がありません。

なんと言うか、辛い状態である事は想像できますが、「悪者」と考えないと情が入ってしまい淡々と出来ないので・・・



人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!

もちろん、自分の場合は管理会社の立場なので、資格を持って対処する専門士業の方とは立ち位置が違うのですが、初期の段階から手遅れになるまでを担当しているのは管理会社や大家さんなのですから、早期の解決を目指すのであれば、この本に書いてある経験から学ぶ事が多くあると強く思いましたよ。


滞納者にも親族への頼み方や公的援助の方法を知らない人がいるのも事実で、そこら辺は滞納者自身の事情を深く知らなければ対応できるものではありません。

「無い人から取れないよ」と言うのが借金を踏み倒す人の特徴ですが、更に「部屋に居座っている」と言うのが家賃滞納の特徴です。

とんでも無い悪人だから追い出す。

と、言うのは当然な感情なのですが、「お金を回収したい」と言うのも当然な話です。

そこら辺、「滞納者側の目線も知る」と言うことが、数千件もの滞納処理をしてきた上級者のテクニックだった訳です。

自分、今まで経験が無かったのですが、高齢者の強制執行って執行官が「やめときましょう」と判断して執行不能で終わっちゃうことがあるとの事です。

家賃を払わない老人が住み続けるなんて最悪なパターンですが、恐らくはそうなる前に前兆があった事でしょう。

専門士業の方の出番の前に管理会社や大家さんが気がついて手を打つ必要もある訳ですから、滞納者目線での考え方を学ぶ事が必要なのです。

管理会社や大家さん、そして滞納するかも知れない入居者さんにオススメの一冊です。


で、昨日は先月破産手続きに入り明け渡しを完了してもらった法人さんの倒産案件に関して管財人の弁護士事務所さんから頼まれた解約合意書を作成してもらいに大家のBさん(80代男性)宅を訪問してきました。

740376D4-499B-487F-9F7D-D03A55AD6B4BAさん 「これで終わりにしてくれって話かい」クマ 「そうです、敷金は残債務に充当で、足りない分はゴメンナサイって事です」

Aさん 「フトン捨てるのに500円取られたんだけどさ」

クマ 「・・・大変でしたねぇ」

Aさん 「これで解決したんだから後はお客さん早くつけてよ」



結構出だしは焦りましたが、ちょうど1ヶ月で解決して良かったです。



では本日も頑張りましょう!


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



そんなに嫌?

今月の中旬に発生した借主法人破産での滞納騒動ですが、昨日最後の対応をしてきました。


人気ブログランキング
←クリックで票が入る仕組みです。応援お願い致します!


自分としては自主管理の大家さんなのだから、「全部自分でやって欲しい」とお願いしたのに、この大家さん異常なほど嫌がります。

何か違和感を感じていましたが、「今日こそ自分でやってもらいます」と、言ってみようと思って大家さんの自宅で破産管財人の弁護士さんに電話して「大家さんと代わりますね」作戦を実行する予定でした。

ただ、80代のおじいちゃんに、いきなり電話を代わってしまうと言うのも可愛そうですから電話する前に一通り説明。

クマ 「管財人さんは、早く契約を終わらせたいと思ってるから家財道具は捨てちゃって下さいって言ってくると思います」

大家 「捨てるったって、冷蔵庫とか洗濯機はお金取られるんだし、布団だって持っていくの大変なんだよ、こっちにトラックで来て持ってけってんだ」

クマ 「では、そう伝えて下さいよ」

大家 「え? 弁護士先生にトラックで来いなんて言えないよ」

クマ 「気持ちだけでも伝えてみたらどうですか」

大家 「俺さ、農業一筋で真面目にやってたんだけど、昔裁判とか弁護士とかで嫌な思いしたことがあって苦手なんだよ」

IMG_2648ここで、大家さんの昔話が始まりました。

ブログでは書けない内容なのですが、結構な経験をされていて、トラウマになっている様子です。

自分、他人様の昔話(特に苦労話)を聞くのが好きなので、結構深いところまで聞いちゃいました。



大家 「代々家を守って来れたんだから、次は子供達にバトンタッチしなきゃいけないよね」

クマ 「そうですね、今回みたいなドキドキする事もアパート経営してるとある訳だし、円滑にアパートの承継をするには管理会社を利用するのが良いと思いますよ」

大家 「そうだねぇ とりあえず空いた部屋に入居者付けて安定させてよ」

クマ 「・・・ まずは管財人さんに部屋の荷物の話を確認して明渡しを終わらせましょう」

で、目の前で管財人の弁護士先生に電話したところ・・・


クマ 「今、大家さんの家にいまして、残置物をどうしたら良いのかって話になってるんですけど」

先生 「はい、恐縮ですが処分して頂きたいです」

クマ 「先生、今回原状回復の費用で敷金使い切っちゃうので撤去代までプラスだと滞納賃料取れない可能性がありますよね?」

先生 「そうですよね、そこら辺は実に申し訳無いところで、改めてご相談したいと思っております」

クマ 「まぁ そう言う話は大家さんとして頂ければと思いますので、ちょっと代わりますよ」

と、思って代わろうとしたのですが、手を振って全く無理との意思表示がありまして代わってくれませんでした。

ただ、今回の電話で部屋の明渡しが完全に終わり、原状回復して再募集を掛ける事が出来るようになりました。

滞納金1ヶ月を破産債権として届けるって事にはなりましたが、多分返って来ないような気がします。

この大家さん、過去にもっと凄い滞納があって取りっぱぐれた事があるのでその時の体験談を再度聞かせてもらい、「今回は1ヶ月で良かった」と思ってくれるように誘導しておきました。

自分としては早い解決だと思っていますが、管理委託してくれるのかは微妙です・・・

さて、本日は休み前の火曜日です。

売買の打ち合わせと、地主さん訪問が予定されていますが、終わったら事務処理に専念する予定です。

ただ、営業課N氏が風邪ひいたみたいなので、社内にいないほうが良いのかも知れません・・・

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



最後の仕事・・・

「突然なのですが、本日店長さんが部屋を明渡しますけど立ち会えます?」

と、破産手続きが開始された法人さんの管財人弁護士先生から電話がありました。

ショッピングセンターの中に飲食店を出している資本金1億円の法人さんがアパートの借主で、店長さんが入居者の契約だったのですが、部屋の明け渡しをきちんとしてくれるかが問題だったので、予定を変更して立ち会うことにしました。


人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。読む前のクリックお願いしますね!


クマ 「わかりました、立ち会うようにしますけど何時くらいですかね?」

弁護士 「それがですね、店長さんお店の片付けをしていまして夜になっちゃうんです」

クマ 「お店だけでなくアパートの荷物も片付けて欲しいんですけど、鍵渡しだけですかね?」

弁護士 「はい、申し訳ないですけどまずは鍵を渡して部屋を明け渡した事にして頂き、その後管財人として荷物を確認して処分をお願いするなり致します」

クマ 「そうですか、早く渡してもらった方がお互い良いでしょうから、大家さんに伝えておきますよ」


弁護士 「店長さんには、お店の片付けとアパートの鍵渡しを最後の仕事としてお願いしたのですが車が無いのでお店の片付け終わった段階で電話させますね」

考えてみれば、店長さんとは言えすでに法人を解雇されているはずなので、お店の片付けをしているってのは責任感があるのでしょう。

あまり、アパートを片して欲しいと言いすぎて管財人さんから鍵が郵送されてくるだけになるよりはマシかと思いました。

IMG_2578そんな感じで夜になってから、ショッピングセンターに移動して店長さん(40代男性)からの連絡を待ちました。

このショッピングセンターは、自分が定休日にぶらついている場所なのですが、仕事で訪問するのは実に違和感があるものです。




店長さんから、片付けが終わったとの連絡があり、外部から壁で仕切られたお店の中に迎えに行きました。

店長 「この度は申し訳ないです。迎えにまできてもらって助かります」

クマ 「いえ、車が無いって聞きましてアパートまで結構離れてますからね」

店長 「やっと、冷蔵庫の中の食品とか処分が終わったので、あとの物は管財人さんが売却するか次の経営者が引き取るか考えるって言ってましたよ」

写真は撮りませんでしたが、お店の中は厨房設備からテーブル等々、営業していた時のままの状態ですので、冷蔵庫にあった食品を捨てる作業をやっていたみたいです。



車に乗ってアパートまで移動。

IMG_2585残置物は、店長さんが言った通り、冷蔵庫と洗濯機と布団程度だったので、自分的にはマシな方だと思いましたが、大家さんは不満に思う事でしょう。

アパートの隣に住んでいる大家さん(80代男性)宅に行って部屋を見るように伝えたところ、夜ご飯の時間だったようで、寒いから話を聞くだけで良いとの事になりました。




大家 「クマさんにはホント世話になって悪かったよ、リポビタンD持ってって」

クマ 「・・・ ありがとうございます、部屋の残置物見なくていいんですか?」

大家 「見たってしょうがないよ、今日で部屋を取り返したって事なんだから良かったよ」

クマ 「そうですね、ただ敷金2ヶ月なのでクリーニングと畳の表替やると滞納賃料が数万円不足します」

大家 「弁護士が入ってるから何とかしてくれるんでしょ?」

クマ 「いえいえ、清算する財産が無かったら無理だから敷金没収がいいところですよ」

大家 「じゃぁ 冷蔵庫と洗濯機売っ払っちゃうかな」

クマ 「管財人さんが捨てるって判断してからでお願いしますよ、少ししたら契約解除に伴う精算の通知が届くので敷金から返金できるものは無いって伝えて下さいね」


大家 「俺、そう言うの良くわからないからクマさんから弁護士に伝えといて」

クマ 前にも言いましたけど管理して無いから大家さんがやるんですよ」

大家 「いや、その話はわかったけど、長い付き合いなんだから頼むよ」

クマ 「・・・ 書類が届いたら電話ください、今後の募集の事もありますからね」



入居者の店長さんを最寄り駅に送ってあげる帰り道に車の中でいろいろ話を聞きました。

クマ 「従業員さんが300人以上いたんだから大騒ぎですよね」

店長 「まぁ 突然でしたからね・・・ でもしばらくゆっくりできますよ」

クマ 「次の就職先とか探さないといけないから大変ですよね」

店長 「この業界長いので、自分の場合は転職しようと思えば全く困らないです」

クマ 「そうなんですか、今は人手不足だから仕事が無い訳じゃないんですね」

店長 「まぁ 生活ギリギリだった人は間が空くだけでも厳しいと思いますけど、大体の人は同業種なら転職できると思います」


自分の想像では突然の倒産で路頭に迷う社員がたくさんいるイメージでしたが、今時は人手不足なので様子が違うようです。

店長さんの益々のご活躍をお祈りします。

さて、本日は午後から相続の研修に参加で都内へ行きます。

そして、明日の土曜日は朝から夜までマンション管理士の法定更新研修で会社にいない予定です。

留守中に変な事件が起きない事を祈ります。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



いろいろあります・・・

きのうは長年苦労してきた雨漏りする戸建て貸家の入居者さんと90分ほど会社で打ち合わせを行いました。

今回は雨漏りした訳では無く、普通賃貸借契約を定期借家契約に巻き換えた期限が5月末に到来するので、引越しの打ち合わせです。

当時は2年も先の事だと思っていましたが、時が経つのは早いものですね。


人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!


これがまた、単純な引っ越し先探しでは無くなって複雑な話に突入

ブログには書けませんが、いろいろな物語があるものです。

何だか自分は変わった案件を引き寄せる力があるのでしょうか・・・


この相談の最中に破産手続きが開始された法人の管財人さんと電話で話ができました。

土曜日に室内の荷物を入居者さんに撤去するよう頼んだところ「管財人の弁護士さんに相談する」との返答だったのですが、電話があった管財人の弁護士さんからは「入居者と相談して連絡します」と言われてしまいました

いろいろ話しましたが、「早く部屋を明け渡さないといけないと思ってます」と言ってくれたので、ちょっと安心。

月内に全て終わってくれると良いのですがね・・・


午後からはず〜っと事務処理していました。

そのうち1時間ちょっとは、営業課N君にやってもらってる賃貸借契約書の改定作業です。

フランチャイズに加盟しているので、その書式を長年使っていましたが何とも時代に合わない感じなので、独自の条文に作り変えの作業をしていまして、実に頭を使うものです。

IMG_2554賃貸管理ソフトから複写式の契約書をドットプリンタで印刷する仕組みなのですが、条項をB4の用紙1枚に押し込んだので文字が小さすぎて読めない!

会社にハズキルーペ常備ですね。

ホント疲れる作業でしたよ。






さて、早いもので本日は火曜日です。

明日の定休日には遅れているセミナー資料作成に専念できるよう仕事頑張ります!


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
ご自由にどうぞ
このブログはリンクフリーです。
許可無くリンクしちゃって下さい。
引き続き相互リンクも受付しておりますのでよろしくお願いします。
↓相互リンク歓迎↓
コメントにてお申込下さい。
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社 統括部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
不動産コンサルティングマスター
相続対策専門士
宅地建物取引士
管理業務主任者
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載
平成30年2月「帰ってきた 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
連絡先
kumakiri324@gmail.com