賃貸管理クレーム日記

賃貸管理担当者による日記です。 不動産コンサル会社に転職後もいろんな出来事に遭遇してます。

お勉強

良い本です。

今年の4月に自分の上司が定年退職してから5ヶ月目に入ろうとしています。

もともと、管理系の部署は自分が担当していましたが、上司の退職で営業系の部署もと言うか会社全般に関連して自分が取りまとめを行う感じになっています。

うちの会社は社長がビジネスオーナー的な感じで、実務的な細かい事にはあまり関わりを持たない感じなので、正直言って自分が間違えた判断をすると会社が間違えた方向に行ってしまう怖さがあります。


人気ブログランキング
←クリック頂けると1票入る仕組みなのでお願いします!


不動産の実務に関してもそうですが、人の採用や会社内の仕組み等々、毎日のようにいろいろ問題が出されて、その場で答えたり宿題になったり、何だかんだで頭が重い日々が続いていたのですが、やはり結局は目の前の事を一つづつ解決して行くしかない訳です。

と、自分なりに答えを出して頑張ってはいますが、そこら辺が一番悩みどころであり、ストレスの原因であったりもします。

そんな感じの5月6月でしたが、気分的に重たかったピークの時期に出版された本に救われました。


本の著者である倉橋隆行社長は、シー・エフ・ネッツグループの代表で、自分は平成18年から21年まで社員としてお世話になり、現在の会社に戻ってからも加盟店としてお世話になっています。

kyoukunn不動産コンサルティングだけでなく賃貸管理業務や相続に関する多数の書籍を出版されていたり、飲食事業やホテル経営等々パワーのある社長なので、話を聞くだけでも影響を受けるのですが、今回出版された書籍「教訓」には倉橋社長自身の過去の失敗談や経験に基づいてたどり着いた「考え方」がまとめられています。

「ものごとは考え方でできている」との言葉通り、結局は自分自身の考え方が大きく人生を支配するのでしょう。
「明るい性格を作る」「人のせいにしない」「今日を変えれば過去も変わる」「悪いことにも学ぶ」
「楽しくないのは自分のせい」
等々、全編に渡り実にやる気になったり救われる言葉が実経験を元に書かれた本です。


「何事も経験」と言うのが自分の信条と言うか好きな言葉なのですが、更に深い話を実体験に裏付けされた説得力でまとめられていますので、ぜひ当ブログの読者さんにも読んで頂きたいものです。

IMG_2118昨日は都内で開催された「教訓」の出版記念講演に参加させてもらったのですが、笑いが絶えない楽しい講演でした。

「もうやらないから」と社長自身おっしゃってましたが、自分的には「考え方」系のジャンルとして大変勉強になり実に良いセミナーだと思ったので貴重な講演が聞けた感じです。




ちょっと宣伝ぽくなってしまいましたが、ほんとオススメできる本なのでぜひ読んみて下さい。



BlogPaintさて、本日はこれから駐車場に放置された故障車の撤去に立ち会ってきます。

両隣の車に移動をしてもらい作業する予定ですが、駐車場が狭いので何となく苦労しそうな予感がします。
どうなりますでしょうか・・・






ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



イメトレセミナー?

IMG_1521駅の構内に新型ジムニーの展示ブース。

浜松にはスズキの本社があるのですね。
自分、最近やたらと新型ジムニーが気になっています。

カタログまで置いてあったのでもらってきましたが余計に欲しくなってきましたよ。





人気ブログランキング
←クリック頂けると1票入る仕組みなのでお願いします!


BlogPaint昨日は、浜松大家塾様で講演をさせて頂きました。

相変わらず賃貸管理ネタで声掛けして頂けるのですが、今回は大家さんの会との事で、いつもの管理会社向けとは、ちょっと感じが違います。
自主管理の方が結構いらっしゃるとの事ですが、自宅の近くは自主管理で遠方は管理会社に委託等、様々な感じでサラリーマン系大家さんもいれば地主系大家さんもいらっしゃる感じでした。


自主管理の場合、貸主と借主で直接のやり取りですので最終的な判断が自分で決定できると言う即決的な動きができるのが良い反面、言いにくい事を言う時や、トラブルがあった際の現場でのやり取り等、クッションがあった方が良い場面もあると思います。

多分、何百世帯も自主管理しているような大家さんは、トラブル対応時に管理会社以上に割り切った対応ができるのかと思いますが、トラブル自体が少ない自主管理大家さんは最前線でのやり取りは苦手なのでしょう。

そこら辺、何が起きるかわからないと言うか、人と物が相手の仕事なので何かしら起きてしまうものです。

「問題が起きないようにする」「問題を早く解決する」「ダメージが補填できる対策をとっておく」そう言う事が頭ではわかっていても咄嗟の時に慌ててしまう事が多いのでしょうね。

まぁ 自分だって初めての事は要領が悪くなるし手探り的な対応をする場合もありますので大きな事は言えませんが、つくづく感じるのは「イメージトレーニングの重要性」です。

いろんな事例があるのだから、経験した人に話を聞いて経験したかのようにイメージしておく。

そう言う意味でブログやセミナーが役に立ってくれると嬉しいです。

自分自身、いろいろ経験してきたのかも知れませんが、まだまだ未経験の事がありますので、経験した人から学んでみたいと思っています。

そう言う意味で、大家さんの集まりで話を聞かせてもらうと言う事は有意義に感じています。

BlogPaintと、言うことで懇親会も楽しく飲みながらお話を聞かせて頂き大変嬉しかったです。

何ともプロの揃った活発なオーナーさんの集まりで、自分自身も大変勉強になりました。







結構なアルコールを摂取して浜松を21時すぎに出発。

自宅到着は午前様となったのですが、片道300kmの道のりを3時間で帰って来られる訳ですので思っていたより近く感じましたよ。

浜松大家塾の皆様、ありがとうございました!



ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



何回目だよ

IMG_8712自分、20歳まで千葉市に住んでいましたが、千葉都市モノレールは、数えるくらいしか乗ったことがありません。

渋滞関係なく快適で良い交通機関ですが、路線の建設とか維持が大変だと思うので稼ぎの良い行政にしか造れない乗り物なのでしょうね。





人気ブログランキング
←クリックしてもらえると嬉しいです!




IMG_8714きのうは千葉市の実家からモノレールに乗って千葉県不動産会館で行われた宅地建物取引士の法定研修を受講してきました。








宅建の資格証は5年が有効期限なので、必ず更新しないと仕事になりません。

自分、かなり若い頃に取得したのですが、当初は3年に1度更新でした。

調べてみたら、平成8年の4月から業者免許が5年更新になったのに合わせて資格証も5年更新になったそうです。

「平成何年に取ったの?」とか聞かれる事がありますが、試験物は「昔は簡単だったんでしょ」と必ず言われるので取得年を言いたく無い感じなのですが、驚きの昭和62年取得です


取得時18歳で「未成年の学生は登録できないよ」と県庁のおじさんに冷たく言われた日の事をハッキリ覚えていますが、20歳まで待って登録しました。

平成元年初登録、平成4年に1回目の更新、7年・10年・15年・20年25年・30年と今回で7回目の更新でしたよ。

業者免許と違って更新回数で(7)とかなるものでは無いのですが、更新研修の制度があるお陰で最新の法改正やトラブル事例を教わる事ができます。



IMG_8722過去5年間に新設や改正された法律・税制は、かなりの数になるので渡される教材も分厚くなりますが6時間かけて弁護士先生や税理士先生が解説してくれます。






いろいろ勉強になり満足度が高かったのですが、弁護士先生のクレーム対応の話に関しては特に聴き応えがありました。

・トラブルはいくら自分が気をつけても寄ってくる。
・インターネットのお陰で相手も勉強してクレームも増える。
・相手の言い分を徹底的に言わせる。
・徹底的に言った後はスッキリした上に疲れる。
・怪しいことがあれば手を引く事が我が身を助ける。
・手を引くと利益にならなくなるが、大損害になるのを防げる。



自分自身、思い返せば「ここまでやったから引くに引けない」的な場面を乗り越えてきましたが、引くことも大切なのだと良く理解できましたよ。

良い研修でした。


では本日も頑張ります


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



そんな言葉が・・・

IMG_8067ここ最近、忘年会続きな感じですが昨晩も飲みでした。

体や頭が重くなるとかではなく、いろんな人の話を聞いて刺激を受けるとか、人脈を広げる観点で捉えることが大切なのでしょう。






と、思うようにしないとタダの酔っぱらいです




人気ブログランキング
←本日も応援のクリックをよろしくお願い致します!


きのうも、都内で行われた相続関係の研修に参加していました。

自分の固めたい分野の勉強ですので、実に学び甲斐を感じるものです。

ここらへん、実際に現場での仕事にどう結びつけるかが次の課題になるのですが、自分の周りには仕事になる話が多く埋もれている感じなので、準備をしてから種まきしないと危ないような気もしています。


12月も中盤になってしまったので、来年の目標として相続・承継の分野に力を入れるつもりです。



無題ちょっと話がズレますが、書籍第2弾に掲載する参考資料として、設備不具合における資料減額ガイドライン(詳細は別の機会にネタにします)の引用許可を日管協さんにお願いした際、良い言葉を聞きました。





「この賃料減額ガイドラインを作ったのはどんな方ですか?」

との質問に「現場実務者と弁護士で協議して作りました」との解答がありました。


この「現場実務者」って言葉がすごく気に入ってしまい、自分的にはしっくりくる感じです。

様々な専門士業に関わる仕事ですが、不動産業者とか管理業者と広い意味で呼ばれるより、もっと最前線な感じの呼び方が漢字5文字であったとは発見です。

そこら辺、この仕事をしていく上での自分自身を表す言葉として使わせて頂きます。


と、言う事でこれからも現場実務者として最前線の活動をレポートさせて頂きますのでよろしくお願い致します。


ではまた明日



br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
ご自由にどうぞ
このブログはリンクフリーです。
許可無くリンクしちゃって下さい。
引き続き相互リンクも受付しておりますのでよろしくお願いします。
↓相互リンク歓迎↓
コメントにてお申込下さい。
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社 統括部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
不動産コンサルティングマスター
相続対策専門士
宅地建物取引士
管理業務主任者
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載
平成30年2月「帰ってきた 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
連絡先
kumakiri324@gmail.com